2021/12の記事まとめ



コロナ禍による片頭痛

片頭痛に使う薬には、痛み止めと予防薬があるのはご存知ですか? これらの薬を使用するなら使用するタイミングや理由をしっかりと知っておくことが大切です。片頭痛の基本や発生するトリガーとなる事象についても学びながら、ぜひ片頭痛との上手な付き合い方をお話ししたいと思います。

記事を見る



感染リスク4倍近くに 不織布マスク着用が重要

会食や飲み会の際にマスクを外していた人は、新型コロナウイルスに感染するリスクが、会食していなかった人と比べると4倍近かったとする解析結果を国立感染症研究所などがまとめました。マスク着用の重要性などについてご説明します。

記事を見る

幸せホルモン「セロトニン」

コロナ禍でのストレスは心だけでなく体にもさまざまな影響をもたらします。脳が萎縮すると具体的にどのような影響があるのでしょうか。今回はストレスが脳に与える影響や幸せホルモンと呼ばれるセロトニンを増やす方法などをご紹介します。

記事を見る


人によって差が出る「抗体価」について

「コロナウイルスのワクチンを打ったけど、本当に抗体ができているのかな?」そんな風に不安に思うときには「中和抗体検査」を受けることで、体が保有する中和抗体の量を調べることができます。本記事では中和抗体検査でわかることや、ご自身の抗体価がわかったときに知っておきたいことをご説明いたします。

記事を見る


第6波と同時にインフル大流行の声も

新型コロナウイルス感染症が落ち着きを見せるなか新たな脅威を心配する声が上がっています。冬に新型コロナと同時にインフルエンザが大流行して「ツインパンデミック」が起こるのではないか、というのです。可能性はどうなのか?お話ししたいと思います。

記事を見る

長引くコロナ禍で意欲低下…テレワークでモチベーションをあげる方法

みなさんはオフィスワークとテレワークどちらの方がやる気が出ますか?長引くコロナ禍でテレワークが定着する中、「意欲が低下している」「新しいことにチャレンジする気が起きない」と感じる方も多いのではないでしょうか。今回はモチベーションを上げるためにできることをご紹介します。

記事を見る


コロナウイルス第6波はいつから始まるのか?

新型コロナウイルスの感染者が減少しており、新型コロナ第5波はほぼ終息したと言っても過言ではありません。多くの専門家はいずれ感染再拡大が起こり、第6波が来ると予想しています。気温や湿度に触れてお話ししたいと思います。

記事を見る

あなたももしかしたら?!コロナ禍で難聴に!

コロナ禍により色々なところで影響が起こっているが、近年はイヤホンの使い過ぎによる“イヤホン難聴”のリスクもささやかれており、難聴予備軍になっている恐れもあります。どのようなことかお話ししたいと思います。

記事を見る





Check Station TOKYO

10月25日にCheck Station TOKYO が東京駅すぐ近くにオープンしました。Check Station TOKYOでどのようなことができるのか、Check Station TOKYOについてお話しします。

記事を見る








コロナと「強迫性障害」

本人の意思と無関係に頭に浮かぶ、不快感や不安感を生じさせる“強迫観念”。それを打ち消し、振り払うために繰り返す“強迫行為”からなる病気を”強迫性障害”。コロナウイルスがまん延し始めた2020年以降も流行しているようです。具体的にどのようなことかお話しします。

記事を見る




新型コロナウイルスの感染不安によるストレスに対処する方法

世論調査では、新型コロナウイルスに自分や家族が感染する不安をどの程度感じるかについて、新型コロナウイルス感染への不安を抱く人が7割を超えているようです。こうした不安からくるストレスにどう対処すればいいか、ストレス対策とメンタルヘルスの両面から考えてみたのでお話ししたいと思います。

記事を見る


コロナ禍の家探し賃貸物件の家賃は下がる?

コロナ禍が日本の経済に深刻な影響を与えつつある今。「もっと家賃が安いところに引っ越した方がいいのかな?」と考えている方も多いかもしれませんが、賃貸物件の家賃は下がっているのでしょうか。地域やタイプ別などについてお話ししたいと思います。

記事を見る

コロナ禍における旅行市場の変化

長期間にわたり発出されていた緊急事態宣言が解除され、少しずつ、旅行市場も動き出しはじめました。コロナ禍における旅行市場の変化についてみていきたいと思います。

記事を見る





感染症対策に「茶カテキン」?

長引くコロナ禍で、健康を維持するための生活習慣に注目が集まっています。そのひとつが、日常生活の中で手軽に継続できる「緑茶の飲用」です。茶カテキンの効果や、日常生活への取り入れ方についてお話ししたいと思います。

記事を見る

コロナ禍の自分磨き

新型コロナウイルスの流行からもう少しで2年が経過しようとしています。コロナ禍により、どこにも出かけられず、人にも会えない時間が続くと、家の中でできることは限られていると思います。今回は、お家でできる自分磨きについてお話しします。

記事を見る









アンガーマネジメント

「コロナうつ」「コロナストレス」「コロナ離婚」という言葉が生まれるほど、新型コロナウイルス感染の影響が広がっています。アンガーマネジメントとは何か、具体的にご説明します。

記事を見る




嗅覚・味覚障害はどんな症状?新型コロナウイルスのチェック

新型コロナウイルス感染症の自覚症状の一つとして、味覚異常が出現することが話題となりました。ただし、嗅覚や味覚障害はインフルエンザや一般の「かぜ」でも生じることがあり、必ずしも新型コロナウイルスだけが原因ではありません。嗅覚・味覚障害についてご説明します。

記事を見る




コロナフレイルって??

「フレイル」とは、健康と要介護・寝たきりの間にある状態のことをいいます。それらが新型コロナによりどのような影響をもたらしているか対策も含めてご説明します。

記事を見る








コロナ禍で広がった「コロナソムニア」とは?

18カ月以上も続いたパンデミック生活の中で睡眠生活習慣を乱された人が世界各国で増えているとメディアでは報じられています。コロナ禍によって不眠症になった事を「コロナソムニア」という名前が付けられています。そこで、コロナと不眠症について深掘りします。

記事を見る

コロナ禍で「福袋」にも変化が!!

コロナ禍になってから2度目の冬、クリスマス、年越し、お正月を迎えようとしています。コロナ禍を経て定着した新しいライフスタイルに合わせた福袋も販売されます。そこで、コロナ禍で誕生した福袋をいくつかご紹介いたします。

記事を見る

コロナは予言できなかったのか

あなたは、2年前の11月、あと1か月で世界が一変することを想像していましたか?実は、コロナについて予言している人が過去にいました。一人は漫画家の大友克洋先生、もう一人は月刊ムー2月号で松原照子先生です。このコロナの予言についてお話しします。

記事を見る











コロナ死滅!? 感染者が少なくなった理由とは

海外では再び感染者が増加している一方、日本では2021年9月末に緊急事態宣言明け後は、感染者数が減少してきました。コロナが死滅した?という見解もあり、その理由を探ります。ワクチン接種後の動向も併せてみていきます。

記事を見る


コロナ対策でエコバッグ禁止!?

地球規模の環境問題の観点から、レジ袋が全国的に有料化になりました。しかし同時期に新型コロナウイルスが広がり、逆に感染拡大防止策として「エコバック禁止」をとる国も出てきました。

記事を見る

新型コロナウイルスは精神疾患の増悪因子?

新型コロナウイルス感染症が流行し始めてから、「コロナうつ」という言葉が頻繁にメディアで取り上げられるようになりました。コロナうつとは医学的な定義はないですが、理由や症状・対処法についてみていきます。

記事を見る






















レコードが人気に!?その理由とは

2020年にアメリカでは、ついにCDの売上高を追い抜き、2021年にはイギリスでもCDの売上高を追い抜きました。この背景に新型コロナウイルスも一因していると言われています。レコード人気の実状と理由をみていきます。

記事を見る

修学旅行の新たな“カタチ”

新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって、学校行事が中止されることも多く、その一方で形を変えて実施しするなど新たな変化の兆しも見られす。今年度の修学旅行の実施実態を踏まえながら考察していきます。

記事を見る

コロナ禍のおせち問題

百貨店各社の2022年正月向けおせち商戦が始まりました。コロナ禍の「おうち時間」増加により主要各店は今年も昨年以上の売り上げを見込んでいるといいます。主要百貨店の今年のおせち事情をみていきます。

記事を見る


コロナ禍のおヒゲ事情に迫る!

インターネットで「マスク 髭」と検索すると候補の上の方に「マスク 髭が伸びるのが早い」と出てきます。真実はいかに…気になる男性も多いマスクと髭の関係を深堀していきます。

記事を見る

2人に1人が持っている!恐怖の後天性アレルギー

日本では約2人に1人が何らかのアレルギーを持っているていると言われ、生まれつき発症する場合と後天的に発症する場合があります。アナフィラキシーでアレルギーが注目されており、後天性のアレルギー疾患について詳しくみていきます。

記事を見る







「ウィズコロナ」での飲酒にご注意を!

11月1日から「ウィズコロナ」への転換が本格化しソーシャルディスタンスが緩和されました。「ウィズコロナ」の詳細や、年末年始の時期もあり久しぶりの会合や飲酒での注意点を解説します。

記事を見る



コロナだけじゃない!冬はウイルス厳重警戒!

本格的な冬が近づいている今、様々なウイルスへの警戒が必要となります。代表的なものではインフルエンザもあげられますが、今回はアルコール消毒がほぼ「無効」と言われている恐ろしい「ノロウイルス」を詳しくご説明いたします。

記事を見る

インフルエンザの流行はすぐ近くに!

新型コロナウイルスの感染者数が低水位をキープしている一方で、冬が本番になり別のウイルスの脅威が皆さんに迫っています。そう、インフルエンザです!そこでインフルエンザの基礎情報から今年の予想・対策について解説します。

記事を見る

「ウィズコロナ後」 日本はどうなる?

日本では感染者数が低水位をキープしており、陰性証明書やワクチン接種証明書を活用し、経済活動の復帰を目指した動きが始まっています。今回は既にウィズコロナを行っていた海外の対応についてお話していきます。

記事を見る




早ければ2月から?5~11歳のワクチン接種

厚生労働省は、現在12歳以上としているワクチン接種の対象年齢に関して、早ければ来年2月頃から5歳~11歳に引き下げて接種が開始される可能性があると予定しています。その詳細をみていきます。

記事を見る


ウィズコロナにはまだ早い

ワクチン接種が進み新規感染者が減った国がウィズコロナへと舵を切り、規制を緩和した結果、やはり感染者が増えてしまっています。イギリスや韓国の実情や感染対策として「復興あんしんワクチンパスポート」をご紹介いたします。

記事を見る







新型コロナウイルスによる意識変化

新型コロナウイルスのパンデミックにより人々の生活や意識も大きく変化していきました。ワクチンが開発され、接種が進み、今後の安心基準となり得る「中和抗体」についてお話しいたします。

記事を見る

なぜ中和抗体検査が注目されているの?

3回目のワクチン接種が進められている中「中和抗体」が注目されており、合わせて中和抗体検査をする人が増えています。ワクチンと中和抗体の関係、中和抗体の検査方法をご紹介いたします。

記事を見る

なぜ人は無料に弱い??

「無料」という言葉にとても弱い人間。新型コロナウイルスのワクチン接種も無料で、人々の接種意欲に繋がったかもしれません。 無料に対する心理やワクチン接種・ワクチンパスポートに関する無料情報をご紹介いたします。

記事を見る









無料でお得に復興支援をしませんか?

旅行業・飲食業の復興支援に繋がる「ワクチンパスポート」。中でもワクチン接種をしていない人でも取得できる「Check Station 復興あんしんワクチンパスポート」の詳細をご紹介いたします。

記事を見る


冬季うつに気をつけろ!

コロナが流行してからステイホームで外出機会・人と会う機会が激減しました。そんな中、寒くなる冬は「冬季うつ」になる可能性が高まります。「冬季うつ」の症状や原因・対策についてご説明いたします。

記事を見る

コロナ禍で子供たちが拒食症に?!

2020年、拒食症(神経性やせ症)と新たに診断された20歳未満の患者が、前年度比で約1.6倍に増えたとの調査結果が発表されました。症状やコロナとの関連、治療法などをご紹介いたします。

記事を見る






検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 


オフィシャルネットショップでも販売中!

PCR検査キットも販売中!          当日配送便もございます!

  

 

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。

  

先着120名様にもれなく
お米プレゼントキャンペーン実施中!

 

Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!


 【初回2,000円OFF!】
nosh-ナッシュ
の低糖質食事宅配サイトとコラボ!

Ranking

記事ランキング

Tag

タグ

Sitemap

サイトマップ