新型コロナワクチンと睡眠時無呼吸症候群


新型コロナワクチンの優先接種対象と見込まれている「睡眠時無呼吸症候群」。男性では40歳~50歳代が半数以上を占め、女性では閉経後に増加するといわれており、潜在的な患者数は500万人とされます。いびきや日中の眠気が気になったら、セルフチェックが必要です。


ワクチン優先接種対象の病気として挙げられている「睡眠時無呼吸症候群」

世界各地で、新型コロナワクチン接種が始まりました。日本においても医療従事者、高齢者、基礎疾患の順で接種がスタートしています。接種の優先対象となる基礎疾患は、糖尿病、高血圧、慢性の呼吸器疾患、免疫疾患などの疾患であることがニュースなどでも報じられていますが、「睡眠時無呼吸症候群」が加えられたのはご存じでしょうか。


 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは、睡眠中に呼吸が何度も止まったり、浅くなったりする病気で、ほとんどの場合、激しいいびきをともなうのが特徴です。SASで最も多いのが、上気道(空気の通り道)が塞がる、または部分的に狭くなることで起こる閉塞性睡眠時無呼吸症候群です。


たかが「いびき」と思われがちですが、いびきによる無呼吸は、いわば“呼吸不全”の状態です。重症のSAS患者の就寝中の血中酸素飽和度は、酸素濃度のごく薄いエベレスト山頂にいるときと同程度になることもあるほど身体的負担が甚大なのです。


いびきによる無呼吸から血液中の酸素が低下し、中途覚醒が何度も発生するので、睡眠は不十分になります。その結果、日中も眠気や気怠さを感じ、集中力が低下して事故などの原因となることも。実際、重症のSAS患者が交通事故を起こす確率は一般ドライバーの2.5倍ともいわれています。


さらに、SAS患者は、新型コロナウイルス感染症の罹患・重症化リスクが高い――という驚くべき研究結果があります。基礎疾患に閉塞性睡眠時無呼吸症候群がある人は、医療機関で治療を受けている同年代と比べて、新型コロナウイルス感染症に罹患するリスクが約8倍と高く、しかも呼吸不全を発症する重症化リスクは2倍にのぼることが明らかになったのです。



この調査報告を受けて、日本呼吸器学会では新型コロナワクチンの優先対象となる基礎疾患に「閉塞性睡眠時無呼吸症候群」を明示すべきとの見解を示しました。そして、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会の予防接種基本方針部会の定める優先接種対象の基礎疾患に正式に加えられることになったのです。


SASは無自覚な潜在患者が多い

SAS患者は新型コロナウイルス感染症の罹患・重症化リスクが高くなることを示しました。しかし、SASは自覚するのが難しく、潜在的な患者数がとても多い病気です。日本国内では、SASの疑いがある人は300万人にのぼると考えられています。そのうち、病院を受診してSASの治療を受けている人は、わずか50万人程度にすぎないのです


この現状は、ワクチンを優先的に受けられる機会を逃してしまう人が少なくないことを示しています。


SASの一番わかりやすい症状は「いびき」ですが、日中の眠気や倦怠感に加え、寝相が悪い、寝汗をかく、夜中に何度も起きるなども症状に加えられます。また、太り気味の人、やせていてもあごが小さい、あごや首に肉がついている人は、気道が圧迫されやすいため、SASを発症しやすいといわれます。


病院の診療では、SAS治療に詳しい医師による問診やパルスオキシメーターによる検査を行います。SASの疑いがあると診断された場合は、自宅での簡易検査、入院による精密検査など、症状に応じて検査が行われます。初診から正確な診断が下されるまでは、少なくとも約1カ月程度かかるのが一般的です。いびきが気になる人、日中の眠気に悩む人は、これを機に早めに受診することをおすすめします。


睡眠の質は、年齢とともに低下していくと考えられています。40歳を過ぎたら、睡眠の質を専門的に診断してくれる「睡眠のかかりつけ医」を見つけておくと、仕事のパフォーマンスを維持し、年齢を重ねるごとにかかりやすくなる病気から自分の身体を守ることにつながります。


睡眠も大事ですが、新型コロナウイルスの流行はまだ収束しておりません。皆さんや皆さんの大切な方々が安心して過ごせるよう新型コロナウイルスワクチン接種後に中和抗体検査を受けて抗体の有無を確認してみましょう。

どうか皆様体調管理、予防の徹底を行いウイルスに打ち勝っていきましょう。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%

製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


これからワクチンパスポートが普及されるかもしれませんので、証明書の発行ができる場所を確認しておきましょう。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら

検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

PCR検査キットの販売も開始しました!  当日配送便もございます!

  

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。

  

先着120名様にもれなく
お米プレゼントキャンペーン実施中!

 

 

中和抗体検査キットAmazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

当日配送便もございます! 

 

 

Ranking

記事ランキング

Tag

タグ

Sitemap

サイトマップ

Archive

月別アーカイブ