ロコモに注意!? 新型コロナウイルスの自粛の影響・運動機能の低下


新型コロナの感染が拡大するなか、外出を控えることによって運動機能が衰え、ロコモティブシンドローム、いわゆる「ロコモ」が悪化しています。


新型コロナ自粛後、多くの人が運動機能低下に

足腰が衰えると、転んで骨折しやすくなったり、高齢者では、介護が必要になったりして、健康寿命にも大きくかかわってきます。

新型コロナ自粛後の運動機能低下についての調査では、「つまずきやすくなった」と答えた人は、40代から年代とともに増えていき、80代以上では31%でした。


「速く歩けなくなった」と答えた人は、より多く、70代では37%、80代以上では47%にものぼっていました。これらはすべて「ロコモ」が悪化したサインのため、注意が必要です。


「ロコモティブシンドローム」の症状・チェック・予防法についてはこちら


「ロコモ」悪化を防ぐためにできること

足腰が弱ってロコモが進まないよう、まず運動することを心がけてください。太ももの筋肉は体の中で一番大きな筋肉です。


ここを鍛える「スクワット」はロコモの予防効果があることが科学的にわかっています。

きちっと感染対策をしたうえで「ウォーキング」を行うことも効果的です。歩くことは、「バランス能力の改善」にもなります。家族の方も、高齢のご家族の足腰が弱っていないか注意してみてあげてください。


【スロースクワットのやりかた】

スクワットは、大腿四頭筋やハムストリングス、それにふくらはぎの筋肉など、鍛えられる筋肉が大きく、トレーニングによる基礎代謝アップや脂肪燃焼効果がより多く期待できる。では、具体的にどうすればいいのだろうか。


やり方は簡単です。まず足を肩幅程度に開き、腕を胸の前で交差させます。膝を軽く曲げた状態からゆっくりとスクワットを行います。このとき、下がったところで動きを止めず、すぐに上がること。5秒かけて下がり、5秒かけて上がる。これを朝晩、各5回ずつ計10回行います。非常に軽い運動ですが効果は出てくると思います。スロースクワットを習慣化できた人は、中性脂肪の数値が下がったりもするそうです。


今は大変なときですが、スロースクワットやウォーキングなどを日々の生活の中に取り入れて足腰の健康を維持しみんなでコロナを乗り越えましょう。


まだ新型コロナウイルスの流行は収束しませんが、皆さんや皆さんの大切な方々が安心して過ごせるよう新型コロナウイルスワクチン接種後に中和抗体検査を受けて抗体の有無を確認してみましょう。

体調管理、予防の徹底を行いウイルスに打ち勝っていきましょう。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%

製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


これからワクチンパスポートが普及されるかもしれませんので、証明書の発行ができる場所を確認しておきましょう。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら

検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

⇓⇓ あんパス、円で発行中!  加盟店ご希望の方はこちら ⇓⇓

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。