11月1日スタート!「TOKYOワクション」とは

東京都では新型コロナウイルスの発症・重症化の予防、街の活性化につなげるため、ワクチン接種を進める為にLINEを使い接種記録を登録できる「TOKYOワクションアプリ」を提供しました。

TOKYOワクションでは何ができるのでしょうか?

今回はTOKYOワクションの内容についてお話していきます。


TOKYOワクション 対象や申し込み方法

TOKYOワクションは現段階では東京都民のみの対象となります。

「LINE」を利用していて、TOKYOワクションの公式アカウントをお友だち登録したうえで、

・本人確認書類(運転免許証や各種健康保険証)

・ワクチン接種済証(2回接種が確認できるもの)

上記2点を登録し、1日ほどでTOKYOワクション事務局が確認後、アカウントに登録通知がされます。


TOKYOワクションを利用するメリット

TOKYOワクションのステッカーが提示されているお店で、登録されたマイページを提示すると、特典が受けられます。

また11月15日からは、アプリ内で特典に応募ができるようになります。

提示するページは登録者に割り振られるIDのみの記載なので、個人情報が漏れることはありません。

特典の内容に関しては店舗によって変わるので、使用したいお店に直接お問合せください。


今後の課題

TOKYOワクションの今後の課題として「若者への認知」や「接種証明を確認する手間」かと思われます。

11月1日から登録が始まり、運用開始から1週間ほどで登録者数は14万人を突破しましたが、TOKYO MX「news TOKYO FLAG」では、渋谷で100人以上にも及ぶ20代の若者に話を聞いた所、TOKYOワクションを登録している人には出会えなかったそうです。

また、飲食店での確認に関しては、1人でも証明書を持参していないと、テーブルを分けるなど対応が必要になり、手間がかかる場合がありますので、予約サイトなどに証明書の携帯を念押しするなど、他方で対応が求められます。


まとめ

東京都民のための、東京活性化のための「TOKYOワクション」は東京に住んでいる人限定のサービスです。

他県にお住いの方も、全国に加盟店がある「あんパス」に登録して“ワクチンインセンティブ”を受けませんか?


■提示で特典、優待が受けられ、コロナで打撃を受けた業界に復興支援ができる!

■ワクチンを接種していなくてもcheck stationの実店舗で「中和抗体検査キット」の使用で「検査済みパスポート」を発行可能!+あんパス申し込みサポート付き

■検温器での「あんパス」読み取りで接触を回避

※全国10000箇所で順次実施


iOS、androidどちらもワクチンパスポートの発行が可能です。

「復興あんしんワクチンパスポート」の申し込みは、こちらから


実店舗では中和抗体検査キット以外にも、抗原検査の購入、陰性証明書の発行が可能です。

実店舗の場所やお問い合わせは、こちらから


医療法人社団宗仁会 監修


検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

⇓⇓ あんパス、円で発行中!  加盟店ご希望の方はこちら ⇓⇓

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。