ぜんそく・COPDの方へ 新型コロナウイルスの重症化リスクと注意点


ぜんそくをはじめとする慢性呼吸器疾患の方、そして喫煙者は一般的にウイルスに感染しやすいと言われています。特に新型コロナウイルスに感染すると重症化の恐れがあります。ぜんそくやCOPD(慢性閉塞性肺疾患)など呼吸器の病気がある人が新型コロナウイルスから命を守るためにはどうすればよいのかを調べてみました。


【新型コロナウイルスの特徴】

新型コロナウイルスは、肺胞(はいほう)に炎症を起こす肺炎が起こりやすいという特徴があります。肺胞は気管支の先についている組織です。新型コロナウイルスは気管や気管支を通り越して肺胞に直接取りつき、肺炎を起こす場合があると考えられています。


特にCOPDの方の場合、ただでさえ肺胞の破壊が進んでいるため、健康な人が感染したときよりも酸素不足になりやすく重症化のおそれがあります。


ぜんそく・COPDとはどんな病気?

アメリカのデータによると、新型コロナウイルスに感染して集中治療室に入った方の5人に1人が慢性呼吸器疾患を持っていたと報告されています。


ぜんそくやCOPDは、気管や気管支に炎症が起こる病気です。ぜんそくは主にアレルギー、COPDは主に喫煙が原因となります。気管や気管支の表面には、外からウイルスが侵入してきたときに体外に排出する働きをする線毛やウイルスを攻撃する物質も働くなど、ウイルスから身を守るための免疫システムが備わっています。


しかし、炎症が起こっているとこれらが正常に働かず、ウイルスが体内に侵入しやすくなります。


喫煙によるCOPDのリスク

COPDの患者数は推定530万人もいると言われています。このうち診断や治療を受けている人はわずか26万人。実は、喫煙者の多くが気づかないまますでにCOPDにかかっている可能性があります。

喫煙者の方には、直ちに禁煙をおすすめします。受動喫煙も危険です。吸えば吸うほど呼吸器の状態は悪化します。


ぜんそく・COPDの方へ 新型コロナウイルスに関する注意点

<薬>

慢性呼吸器疾患の方が取るべき行動としては、手洗いやマスクの装着など、一般的な感染予防をしっかり行うこと。その上で、呼吸リハビリテーションなど普段行っている治療を行いましょう。特に気管支拡張薬やステロイドの吸入は大切です。自己判断で中止しないでください。


<吸い込む空気に注意>

なるべくきれいな空気を吸い込むようにしましょう。ほこりや煙は避け、室内では湿度を適度に保ち換気も行うようにしましょう。


<抵抗力をつける>

ウイルスへの抵抗力をつけるために十分な睡眠と栄養をとりましょう。そして、外出を自粛していても無理のない範囲で体を動かすことはとても大切です。家の中でも歩数計を装着しておくと、自分がどの程度体を動かしているかの目安になります。


まとめ

慢性呼吸器疾患の症状と新型コロナウイルスに感染したときの症状は似ていると思われます。少しでも普段の症状を超えるような熱・せき・呼吸困難が現れたら、まず主治医に電話で相談して指示に従ってください。


まだ新型コロナウイルスの流行は収束しませんが、皆さんや皆さんの大切な方々が安心して過ごせるよう新型コロナウイルスワクチン接種後に中和抗体検査を受けて抗体の有無を確認してみましょう。

体調管理、予防の徹底を行いウイルスに打ち勝っていきましょう。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%

製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


これからワクチンパスポートが普及されるかもしれませんので、証明書の発行ができる場所を確認しておきましょう。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら

検査キット各種 Amazonで好評販売中!

  

⇓⇓ あんパス、円で発行中!  加盟店ご希望の方はこちら ⇓⇓

 

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。