「ウィズコロナ後」 日本はどうなる?


2021年10月、日本では全国で新規感染者数が激減しましたが、集団免疫の効果や、ウイルスの変異で自滅したなど、専門家では様々な見解が出されています。

日本では陰性証明書やワクチン接種証明書を活用し、経済活動の復帰を目指しますが、再度新規感染者数が増加し、コロナウイルスの増加した際はどうなるのでしょうか。


今回は海外で行っている対応についてお話していきます。


70%以上のワクチン接種率 でも感染者数は最多更新

韓国では11月18日、国内で報告された新型コロナウイルスの新規感染者数が3,000人を超え、過去最多を更新しました。

ワクチンの接種率を人口5200万人のうち70%にワクチンを接種するという目標を達成したのち、11月に社会的距離規則の制限を解除し、専門家たちは感染者の増加を予想していました。

また、国外の事例から見て、ワクチン接種率を高めたり、ワクチン接種の有無によって利益・不利益の措置を与えることのほかに、多角的な対策が必要と話し、ワクチン効果が落ちており、接種者の間でもブレイクスルー感染が起きていて、「韓国の場合、ワクチン接種の有無に分けて政策を立てるよりも、高齢者や療養型病院など高危険群を中心に予防接種を強調すべきだと思う」と述べています。

(引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/a015eeb3862ff609e649c960ba230515292d429b)



ウィズコロナ断念…防疫体制強化


ヨーロッパの多くの国では、コロナウイルスが急激に拡散され、各国が緩和していた防疫措置を再度導入し、ワクチン未接種の人への行動規制が再度しかれました。

韓国と同様、ワクチンの接種率が高まり、感染者が減少したことで、2021年9月~10月に防疫緩和や解除を実施し、ワクチン証明書や陰性証明書の提示など、証明書を導入しました。

しかし制限措置緩和と季節的要因が複合的に作用して、感染者や入院患者が急増したことで、医療体系への負担がだんだん大きくなってしまい、再度規制を行い、ウィズコロナを中断する形になりました。


まとめ

感染者数の増加は、日本もいつかはなってしまうかもしれませんが、韓国のブレイクスルー感染はワクチンのブースト接種で改善されます。

3回目のワクチン接種がもうぐ始まりますが、再度ワクチンを接種する前に、コロナに感染しにくくなる、重症化しにくくなると言われている「中和抗体」があるかを確認しませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


ワクチンパスポートが各国で使用されている中、実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は,、こちらからお問合せください。


また、加盟店を利用すると割引や特典が付く「あんパス」の発行申請のサポート付きです。

復興安心パスポートの発行手続きや加盟店一覧は、こちらをご確認ください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら


医療法人社団宗仁会 監修

検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

⇓⇓ あんパス、円で発行中!  加盟店ご希望の方はこちら ⇓⇓

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。