コロナ禍の中妊娠!特に注意すべきこと 新型コロナのリスクと感染予防について


これから妊娠を考えていたのに、新型コロナウイルスの流行のせいで計画が狂わされたという方はたくさんいると思います。


少しでも良い環境で子どもを産んで育てたいと願うのは自然なことです。新型コロナの感染拡大が止まらない中、妊娠している方は不安に思って過ごしていることでしょう。


どんなことに注意したらよいのか調べてみました。


妊娠している人が特に注意したいこと

これまでのデータでは妊婦さんの感染頻度は低く、感染しても、重症化する割合は妊娠していない人と比べて決して高くありません。ただし、妊娠初期から中期にかけて赤ちゃんへの影響を考えて、エックス線検査や薬の治療が制限されることがあるため、注意が必要です。

また、妊娠後期になると大きくなった子宮が横隔膜をもちあげて肺や心臓を圧迫し、母体に負担がかかります。


風邪やインフルエンザの場合でも、肺炎を起こすなど重症化しやすくなるので特に気をつけてください。


妊婦さんがいる家庭で特に注意したいこと

妊婦さんのいる家庭では、妊婦さんが感染しないように、周りの人を含め予防を徹底してほしいと思います。


家族に感染者や感染の疑いのある人がいたら、マスクをつけて別室で過ごしましょう。タオルや食器などの共用をさけ、トイレも使ったらしっかり消毒しましょう。


いま できること

安心して出産を迎えるために、通常どおり妊婦健診を受診してください。そして何か不安に思うことがあったらまず、医師に相談してください。地域ごとに助産師による電話相談窓口もあります。


現在のところ、(何度も聞いたかもしれませんが)新型コロナウイルスに関しては、妊婦だから特別に感染しやすかったり重症化したりするという確固たるデータはありません。母から胎児への感染を疑う報告もわずかで、ウイルスのせいで流産や死産が引き起こされたと明らかに考えられる例もありません。


世界保健機関(WHO)も厚生労働省も、過剰に心配しすぎず、ほかの人と同じように予防対策をしていくことを推奨しています。


そんなふうに言われても、まだ症例が少なくて、感染症にかかったときの胎児への影響が完全にはわかっていないことや、ウイルスの流行拡大時には面会や立ち会い出産ができなくなることへの不安から、妊活を延期している人もいると思います。経済的な先行きが見えづらくなっているのも、妊娠を控える要因になっているでしょう。


今は大変なときですが、妊婦さんだけでなく周りの人も協力して大切な赤ちゃんが元気に生まれてくるよう、頑張りましょう。


まだ新型コロナウイルスの流行は収束しませんが、皆さんや皆さんの大切な方々が安心して過ごせるよう新型コロナウイルスワクチン接種後に中和抗体検査を受けて抗体の有無を確認してみましょう。

体調管理、予防の徹底を行いウイルスに打ち勝っていきましょう。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%

製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


これからワクチンパスポートが普及されるかもしれませんので、証明書の発行ができる場所を確認しておきましょう。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら


検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 


オフィシャルネットショップでも販売中!

PCR検査キットも販売中!          当日配送便もございます!

  

 

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。

  

先着120名様にもれなく
お米プレゼントキャンペーン実施中!

 

Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!


 【初回2,000円OFF!】
nosh-ナッシュ
の低糖質食事宅配サイトとコラボ!

Ranking

記事ランキング

Tag

タグ

Sitemap

サイトマップ