体重増加に注意!肥満症による新型コロナウイルスの重症化リスク



外出自粛や在宅勤務などによって、家にいる時間が長くなり、ついつい間食が増えたり、運動不足になったりしてはいないでしょうか。実は、体重が増加すると、新型コロナウイルスに感染した場合に、重症化するリスクが高まると言われています。新型コロナウイルスから命を守るためにはどうすればよいのか考えてみました。



肥満症と新型コロナウイルスの重症化リスク

海外の一報では、肥満のヒトが新型コロナウイルスに感染すると、重症化しやすいといわれています。

とくに内臓脂肪が多い場合には、次のようなリスクを抱えています。



内臓脂肪が多いと、サイトカインストームが起きやすい

内臓脂肪が増えると、炎症が起こりやすく、「免疫の暴走」いわゆるサイトカインストームが起こりやすくなっています。


その結果、臓器を傷つけたり、血栓ができやすくなります。


内臓脂肪の多い人は、肺が圧迫されやすく、呼吸機能に余裕がありません。


こうした条件が重なっているため、新型コロナに感染すると重症化しやすいのです。




また、ストレスが肥満の原因になる

ステイホームをしていると、食べ過ぎてしまったり、間食をしてしまうようになってしまうのは「ストレス」が関係していると考えられています。脳には「お腹がすいた。食べろ」と命令を出す摂食中枢と「お腹いっぱい。食べるな」と命令を出す満腹中枢があります。摂食中枢を刺激するのはドパミン、満腹中枢を刺激するのはセロトニンという神経伝達物質です。ストレスや不安を感じると「セロトニン」が分泌されにくくなります。その結果、満腹感を得られなくなり、食べ過ぎてしまうのです。


さらに、ストレスで満たされない欲求を食べることによる満足感で穴埋めすることもあります。これを「代償性摂食」といいます。



体重増加しないために今 大切なこと

もともと肥満ではなくても、コロナ禍の状況のもとで生活習慣が乱れ、体重が増えた人も、多くいらっしゃるのではないでしょうか。


体重が増える第一の原因は運動不足です。在宅勤務や外出控えによって、歩行数が大幅に減っています。


もう一つが食生活の乱れです。家にいると、つい食べ物に手を出して食べてしまう場合があります。生活リズムが乱れやすいので、食生活には十分注意してください。


運動は体重を減らすだけではなくて、ストレスを発散することもできますので、適度に行ってください。


大変な状況下にありますが、これを機に、より健康な生活習慣を目指しましょう。




まだ新型コロナウイルスの流行は収束しませんが、皆さんや皆さんの大切な方々が安心して過ごせるよう新型コロナウイルスワクチン接種後に中和抗体検査を受けて抗体の有無を確認してみましょう。


体調管理、予防の徹底を行いウイルスに打ち勝っていきましょう。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%

製品に関してのご不明点はこちらからお問合せください。


これからワクチンパスポートが普及されるかもしれませんので、証明書の発行ができる場所を確認しておきましょう。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点はこちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀






検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 


オフィシャルネットショップでも販売中!

PCR検査キットも販売中!          当日配送便もございます!

  

 

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。

  

先着120名様にもれなく
お米プレゼントキャンペーン実施中!

 

Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!


 【初回2,000円OFF!】
nosh-ナッシュ
の低糖質食事宅配サイトとコラボ!

Ranking

記事ランキング

Tag

タグ

Sitemap

サイトマップ