コロナ第6波に備えろ!これが政府の対策だ


今、日本では第5波が収束しコロナは落ち着きを見せています。新規感染者は毎日200人ほどで他国と比べたらとても少ない人数です。しかし、1月後半以降に第6波の到来が予測されており、その規模は対策次第では夏の第5波をも上回るといわれています。


そこで政府は11月12日に第6波対策の全体像を決定しました。


まずは医療体制の面では第5波ピーク時より3割多い3万7千人分の病床を確保することです。今夏の第5波では感染力の強いデルタ型が流行し、最大で2万千人の入院が必要になりました。


第6波ではさらに3割増える場合が想定されています。


そして、重症のリスクがある患者向けの臨時の医療施設も今夏の4倍弱が入れる体制を築き、すべての自宅療養者に要請が判明した翌日までに連絡できるようにするようです。


他にも第5波であった幽霊病棟の対策として病院ごとの病床稼働状況を12月から毎月公表し、医療逼迫が見込まれる場合には、国の責任で通常医療を制限して病床を確保することが決まりました。


ワクチンの方も12月から3回目の接種がスタートし、薬事承認され次第12歳未満へのワクチン接種もスタートします。


重症化を防ぐ経口薬の開発を後押しし、年内の実用化を目指し、供給できるようにするようです。


・まとめ

第6波に備えていろいろな政策が決定しました。せっかく日本ではコロナが落ち着いているのにまた感染拡大したら嫌ですよね。そのためにももう少し我慢が必要なのかもしれません。


中和抗体はワクチン接種後、または新型コロナウイルス感染後に体内にできる免疫機能のひとつで、ウイルスの感染力などを中和できる抗体です。ただし一定期間を過ぎると体内の中和抗体の量は減っていくため、有効な量を保持しているか確認するには検査が必要となります。中和抗体の獲得量には個人差があるため、確認してみるとよいでしょう。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%製品に関してのご不明点はこちらからお問合せください。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。


実店舗での検査や中和抗体獲得証明書の発行を受け付けております。詳細は、こちらから。


その他、新型コロナウイルスに係る情報は、こちらから。


医療法人社団 宗仁会が監修しています。





検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 


オフィシャルネットショップでも販売中!

PCR検査キットも販売中!          当日配送便もございます!

  

 

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。

  

先着120名様にもれなく
お米プレゼントキャンペーン実施中!

 

Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!


 【初回2,000円OFF!】
nosh-ナッシュ
の低糖質食事宅配サイトとコラボ!

Ranking

記事ランキング

Tag

タグ

Sitemap

サイトマップ