3度目のワクチン、あなたはどちらを打ちますか?

政府は今冬に懸念される新型コロナウイルス感染症の第6波に備えて、12月から開始予定である3回目のワクチン接種を職域でも認める方針を固めました。

3回目の接種では1,2回目の接種とは異なるワクチンを打つ交差接種を認めていて、接種を受ける人の希望に沿ってファイザーやモデルナを選択できるようになりました。

3回目の接種でモデルナが使用されるのは来年の2月からなので、3回目の接種で選択できるようになるのは2月からということになります。

3回目の接種は原則として2回目の接種から8か月以上間隔を空けてから打つので多くの人は選択して接種できます。


10・20代の男性はモデルナのほうが心筋炎のリスクが高く、副反応もファイザーよりつらいといわれているので選べるようになったことは素直にうれしく思います。しかし、同じ医療機関や接種会場に2種類のワクチンを保管した場合に混同してしまわないかどうか不安が残ります。ニュースでも、コロナのワクチンとインフルエンザワクチンを間違えたことや、ファイザーの濃度を薄めすぎた状態で打ってしまったことを耳にします。

モデルナは希釈の必要がなく、ファイザーは希釈の必要があります。現状でも誤接種が多いので3回目の接種ではさらに増えてしまうのではないかと考えてしまいます。


しかし、ワクチンの接種によって得られる中和抗体は時間が経つにつれてなくなっていってしまいます。感染症のウイルスを撲滅することはほぼできないので人類はウイルスに対して中和抗体を持ち続けるしかないのです。そうなるとやはりワクチンを接種していくことは必要だと思います。

誤接種を防ぐためにも自分でも情報を収集・吟味し、確認することが大切です。


苦労してワクチンを2回接種した方にお得なお知らせです!

ワクチンを2回接種済みの方はスマホで簡単に「復興あんしんワクチンパスポート」あんパスの発行申し込みも可能となっています。

また、オンラインや実店舗で中和抗体検査キットを販売しているCheckStationでは実店舗にて中和抗体検査をして中和抗体が獲得できている事が確認できれば「検査済みパスポート」というものの発行申し込みが可能となっています。

各パスポートを取得することによって飲食店や宿泊施設、イベント会場などで割引や優待をうけることができます。

あんしん安全な日常生活を送るためにも中和抗体検査やワクチンパスポートの取得を検討してみてはいかがでしょうか?

■提示で特典、優待が受けられ、コロナで打撃を受けた業界に復興支援ができる!

■ワクチンを接種していなくてもcheck stationの実店舗で「中和抗体検査キット」の使用で「検査済みパスポート」を発行可能!+あんパス申し込みサポート付き

■検温器での「あんパス」読み取りで接触を回避

※全国10000箇所で順次実施


iOS、androidどちらもワクチンパスポートの発行が可能です。

「復興あんしんワクチンパスポート」の申し込みは、こちらから


実店舗では中和抗体検査キット以外にも、抗原検査の購入、陰性証明書の発行が可能です。

実店舗の場所やお問い合わせは、こちらから


医療法人社団宗仁会監修



検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

⇓⇓ あんパス、円で発行中!  加盟店ご希望の方はこちら ⇓⇓

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。