ドイツで感染が爆増!強まる行動制限


ドイツで新型コロナウイルス感染症がすごい速度で拡散しています。

新規感染者は11月18日発表分では過去最多の6万5千人超えとなりました。

このままでは医療システムが逼迫しかねず、ワクチン未接種者への行動制限を強める対策を始めました。ドイツでの2回目のワクチン接種率は人口の約68パーセントにとどまっており、今回の対策によってワクチン接種を促していくようです。


今回の対策は、ワクチン美接種者が電車などの公共交通機関を使う場合に、24時間以内に受けた検査の陰性証明が求められます。


さらに、人口10万人あたりの7日間の入院者数が3人を超す地域では、ワクチンを接種したか感染後に回復した人以外は飲食店の利用やイベントなどの参加ができなくなります。6人を超す地域では、ワクチン接種者や回復者でも検査の陰性証明がなければ、ディスコやバーなどの客の密着度合いが高い場所が利用できなくなります。(朝日新聞より)


日本は11月17日現在ではワクチン接種率が76パーセントを超え、新規感染者も200人ほどとなっていてとても落ち着いています。

行動制限も緩和されていきますが、他国の状況をみると油断はできませんね。

出歩く場合にも人との密着度合いが高くない場所や、ワクチンパスポートが使える施設や飲食店に行くようにし、感染症対策を怠らないようにしていきましょう。


ワクチンを2回接種済みの方はスマホで簡単に「復興あんしんワクチンパスポート」あんパスの発行申し込みも可能となっています。

また、オンラインや実店舗で中和抗体検査キットを販売しているCheckStationでは実店舗にて中和抗体検査をして中和抗体が獲得できている事が確認できれば「検査済みパスポート」というものの発行申し込みが可能となっています。


各パスポートを取得することによって飲食店や宿泊施設、イベント会場などで割引や優待をうけることができます。

あんしん安全な日常生活を送るためにも中和抗体検査やワクチンパスポートの取得を検討してみてはいかがでしょうか?

■提示で特典、優待が受けられ、コロナで打撃を受けた業界に復興支援ができる!

■ワクチンを接種していなくてもcheck stationの実店舗で「中和抗体検査キット」の使用で「検査済みパスポート」を発行可能!+あんパス申し込みサポート付き

■検温器での「あんパス」読み取りで接触を回避

※全国10000箇所で順次実施


iOS、androidどちらもワクチンパスポートの発行が可能です。

「復興あんしんワクチンパスポート」の申し込みは、こちらから


実店舗では中和抗体検査キット以外にも、抗原検査の購入、陰性証明書の発行が可能です。

実店舗の場所やお問い合わせは、こちらから



医療法人社団宗仁会監修




検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

PCR検査キットの販売も開始しました!  当日配送便もございます!

  

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。

  

先着120名様にもれなく
お米プレゼントキャンペーン実施中!

 

 

中和抗体検査キットAmazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

当日配送便もございます! 

 

 

Ranking

記事ランキング

Tag

タグ

Sitemap

サイトマップ

Archive

月別アーカイブ