コロナ禍に伴う「サザエさん症候群」にならない週末の過ごし方

「サザエさん症候群」とはどんな現象か

月曜日の朝、だるさを感じて、やる気がまったく起きないことはありませんか。


これは、土日が休みで月曜日から会社や学校が始まる人に広く見られる現象で、Blue Monday(ブルーマンデー:憂鬱な月曜日)という言葉で世界的に認識されています。


日本では、よく似た症状を指す「サザエさん症候群(日曜日の夕方、翌日からの会社や学校のことを考えて憂鬱になる現象)」という言葉もあります。


サザエさん症候群もブルーマンデー症候群も症候群と呼ばれるように、立派な症状です。この症状の原因と対策を考えてみました。


●金曜日の夜は、羽を伸ばして夜遊びをしてしまう

●土曜日、日曜日は、昼過ぎまで眠っている

●休日はゲーム三昧で過ごすか、家でゴロゴロする

●週末は毎回、夜型生活になっている


上記4つのどれかに当てはまる人は、「社会的時差ボケ(ソーシャル・ジェットラグ)」に陥っている可能性があります。

海外へ行くと「時差ボケ」に苦しむ人が少なくありませんが、日本にいてもふだんの生活の中で、時差ボケが起こるというのです。

原因は週末の過ごし方

「社会的時差ボケ」は、平日の睡眠時間が短く、それを週末の「寝だめ」で解消している人に多く見られます。


「私は快眠者です。ベッドに入ると1秒も経たないうちに眠れますし、どこでも場所を選ばず眠れますから」と自慢する人は要注意。これは誤りで、実は睡眠不足の裏返しなのです。平日に十分な睡眠が確保されていないために体、脳、心が悲鳴をあげているのであって、決して自慢できる状態ではないそうです。


また、サザエさん症候群に陥るのは、仕事が嫌いだとか、怠け者であるとか、頑張りが足りないといった、性格や精神面の問題と捉えるのも間違いと思います。原因は、週末の過ごし方にあるというのです。

社会的時差ボケを回避し、月曜日をサザエさん症候群にしないための週末の過ごし方のルールは、たった2つです。


(1)休日の寝坊は、平日の睡眠時間プラス2時間まで

(2)休日の日中は、なるべく日光を浴びて活発に過ごす


休日の睡眠時間が平日より2時間以上多くなると、疲労回復どころか週末に疲れをため込んでしまいます。体内時計が乱れ、心身に不調を感じる結果となるのです。


人は起床後、目に日光が入ってから約14~16時間後に眠気が訪れるというメカニズムがあります。そのため起床が遅れると、眠気が訪れるタイミングもうしろ倒しになり、夜更かしリズムが出来てしまうため、断ち切る必要があります。


日中に日光を浴びると、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが活性化され、QOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)も高く維持されます。その方が夜の快眠も確実に約束されるのです。


心当たりのある人は、上記を取り入れて、週末に「疲れを溜める」習慣から「疲れを解消する」習慣へと変えていきましょう。


まだ新型コロナウイルスの流行は収束しませんが、皆さんや皆さんの大切な方々が安心して過ごせるよう新型コロナウイルスワクチン接種後に中和抗体検査を受けて抗体の有無を確認してみましょう。

体調管理、予防の徹底を行いウイルスに打ち勝っていきましょう。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%

製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


これからワクチンパスポートが普及されるかもしれませんので、証明書の発行ができる場所を確認しておきましょう。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら

検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

PCR検査キットの販売も開始しました!  当日配送便もございます!

  

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。

  

先着120名様にもれなく
お米プレゼントキャンペーン実施中!

 

 

中和抗体検査キットAmazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

当日配送便もございます! 

 

 

Ranking

記事ランキング

Tag

タグ

Sitemap

サイトマップ

Archive

月別アーカイブ