石川県の名産一覧!アフターコロナは石川県で楽しもう

コロナウイルスまん延防止対策として、緊急事態宣言が発令されていましたが、2021年9月末には全国で一斉解除され、感染者数は11月現在、現象傾向にあります。

2020年秋に開始された「GO TOトラベル」では旅行業界の活性化に大きく貢献し、今後また「GO TOトラベル」が開始されるかもしれません。


日本海沿岸にある歴史や伝統的な文化・芸能が多い石川県にはたくさんの郷土料理があります。

ぜひ「GO TOトラベル」を使い、普段食べられない石川県の郷土料理を堪能しませんか?

今回は農林水産省のHPを参照してお話していきます。


【 ぶり 】

ぶりの季節になるとご家庭でもよく食べる「ぶり大根」ですが、実は石川県の郷土料理です。

11月半ばから12月に掛けて猛烈な風が吹き荒れ雷が激しく鳴り響く日があり、このような天候のことを石川県では「ぶりおこし」といいます。

ぶりおこしにはいると本格的なぶり漁が始まり、寒ブリはとくに脂がのっていて、刺身で食べると醤油をはじくほどだそうです。

ぶりは成長するたびに名前を変える出世魚で、暮れの祝いごとや贈答品に使われ縁起物としても喜ばれます。

定番の「ぶり大根」や刺身をはじめ、かぶらに挟んだ「かぶらずし」や発酵食の「巻きぶり」など、石川県ではさまざまなぶり料理が楽しめます。


【 じぶ煮 】

じぶ煮とは、石川県金沢市の代表的な郷土料理です。

鴨肉や鶏肉、金沢特産のすだれ麩、季節の野菜などを煮て食べ、鴨肉には小麦粉がまぶされているため、とろみがあるのが特徴です。

江戸時代から食べられていたとされる武家料理で、発祥はキリシタン大名の高山右近が宣教師から教わり加賀藩に伝えたという説や豊臣秀吉の兵糧奉行として従事した岡部治部右衛門が朝鮮から伝えたという説、漂流したロシア人が伝えたという説など、諸説あります。

加賀藩を取り上げた映画に登場するなど、地元での認知度が高く、飲食店などで提供されています。

石川県に行った際は、是非じぶ煮を召し上がってみてください。


まとめ

今回紹介した料理以外にも香箱ガニをはじめとする海の幸を堪能できます。

文化財指定庭園の兼六園や庭園に隣接している金沢城、茶屋町など、石川県の魅力はまだまだありますので、是非リサーチしてみてください。


また、旅行に行った際に「今コロナに感染しにくい体か」を確認してみませんか?

石川県に4店舗を展開しているCheck Station の実店舗 “中和抗体検査ステーション” では、「保有しているとコロナウイルスに感染するリスクが格段に減る」と言われている中和抗体の有無を確認できる“中和抗体検査キット”を購入でき、その場で検査ができます。


専門スタッフがセルフで検査をサポートしてくれるので安心して検査ができ、希望者には「中和抗体獲得証明書」の発行も可能です。

郵送など不要でその場約15分で検査結果が出て、長時間待機する必要もありません。

アピタタウンにも店舗がありますので、お買い物に行ったついでに検査をしてみてください。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


また、遠方に住んでいて行くのが難しい方向けにネットでの購入も受け付けています。

Check Stationの新型コロナウイルス中和抗体検査キットの詳細、お問合せは、こちらからご確認ください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら

検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 


オフィシャルネットショップでも販売中!

PCR検査キットも販売中!          当日配送便もございます!

  

 

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。

  

先着120名様にもれなく
お米プレゼントキャンペーン実施中!

 

Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!


 【初回2,000円OFF!】
nosh-ナッシュ
の低糖質食事宅配サイトとコラボ!

Ranking

記事ランキング

Tag

タグ

Sitemap

サイトマップ