コロナ禍で増える摂食障害



「摂食障害」とは、食行動の重篤な障害を特徴とする精神疾患です。極端な食事制限と著しいやせを示す「神経性食欲不振症」と、暴食と体重増加を防ぐための代償行動をクリア消す「神経性過食症」とに分けられています。


国立成育医療研究センターの全国調査で、神経性食欲不振(神経性やせ症)の症状で初心が依頼を訪れた子供が大幅に増えたことが判明しました。

新型コロナ流行や長期の休校などによる不安やストレスが影響していると推測されています。


神経性食欲不振は摂食障害の一種で、通常は極端なダイエットなどの食事制限や肥満を恐れて食事後の嘔吐などで極端に痩せてしまいます。


調査結果によると栄養失調や脱水など容体が重く、生死にかかわる状態に達するなどの理由で入院を必要と下患者が19年度から20年度までに1.4倍まで増えたことがわかりました。



症状を訴えない子供たち




本来は成長に併せて増えるはずの体重が増えていないのは問題です。学校の一斉休校が終わってからも続いていることから、「家にとどまっている」という理由だけではなく、コロナ禍で社会的な圧迫間や不安を感じて抑うつ状態に陥っている子供が多くいると考えられています。


やはり子供本人から体重減少を認めたり、病状を訴えたりすることは少ない為、保護者や周りの大人が十分に食事をしているか体重の増減はどうかなどを積極的に注意する必要があると思われます。



最後に

現在日本では約7割の人がワクチン接種を終了しておりますがワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからないのです。

ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態でお過ごしください。


「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%

製品に関してのご不明点はこちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点はこちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀




検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

PCR検査キットの販売も開始しました!  当日配送便もございます!

  

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。

  

先着120名様にもれなく
お米プレゼントキャンペーン実施中!

 

 

中和抗体検査キットAmazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

当日配送便もございます! 

 

 

Ranking

記事ランキング

Tag

タグ

Sitemap

サイトマップ

Archive

月別アーカイブ