今更だけどコロナ感染後の療養の流れって?事前準備は?


10月の新型コロナウイルスの全国感染者数の平均が557人に対し、11月の平均が189人となり約1/3減少しています。緊急事態宣言も解除されて居酒屋なども以前までの活気を取り戻しつつあります。


しかし、感染者数がゼロになったわけではないですしまだまだ感染する可能性はあります。

日々感染しないようにマスクや手洗いうがい、手指消毒などあらゆる感染予防対策を取っていると思いますが感染予防対策を徹底していても感染している人はたくさんいます。


そこで、コロナ感染してしまったときにどのような行動をとればよいか再度おさらいしておきましょう。


【発覚】発熱、咳、倦怠感等の症状/無症状での発覚

【検査】病院や保健所・検査センター等でPCR検査実施

【準備】自宅で待機して療養の準備

【結果】病院や保健所・検査センターなどから検査結果の連絡

【決定】持病、年齢、症状などを総合的に考慮して療養先の決定


【自宅療養の場合】

・療養中は毎日1日2回体温測定

・1日1回電話などで健康状態の確認を行う

・飲酒、喫煙は厳禁

(上記は一部。地域により変動あり。)

・自治体により療養中の配食サービス

              ↓

発症日を0日目とし10日間経過しかつ症状軽快後72時間経過後

              ↓

外出可能(療養終了)


自治体により療養の指示に多少相違があるとは思いますが一般的な流れとなります。

今回は自宅療養のパターンでお伝えしましたがホテル療養や入院する場合もあります。無症状感染の場合は別ですが、高熱がでてから療養の準備をしたりドリンクの買い込みはかなり厳しいと思います。

一番はコロナ感染しない事ですがいつかかってしまうかわからない為健康なうちにスポーツドリンク等をご自宅に準備しておくことをお勧めします。


現在日本では約7割の人がワクチン接種を終了しておりますがワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからないのです。

ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態でお過ごしください。


「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%

製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら

(医療法人社団 宗仁会 監修)



検査キット各種 Amazonで好評販売中!

  

⇓⇓ あんパス、円で発行中!  加盟店ご希望の方はこちら ⇓⇓

 

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。