新型コロナウイルスによる意識変化


新型コロナウイルスのパンデミックにより世界各地で様々な感染対策が行われ人々の意識も大きく変化していきました。


日本ではパンデミック以前より体調不良や花粉症・職種により、マスクというものは身近なものではありましたが、世界で見れば全くマスクの習慣がない国もあったなか、新型コロナウイルスの世界的流行によりマスクの着用が共通の予防対策として一般的なものとなりました。


また非接触の対策として政府が促進したこともあり、以前よりもテレワークを導入する企業が大幅に増加しました。

手指や身の回りのアルコール除菌、人混みの回避など日常生活にも多くの規制がかかる事となり、コロナ禍以前の日常では考えられないほど人々のウイルスに対する意識は劇的に変化しました。


このパンデミックが起こらなければ、日常的に中和抗体という言葉がニュースなどで取り上げられることもなかった事でしょう。


しかし、悲観してばかりもいられません。

この歴史に残るであろうウイルスの脅威を教訓に、例え今後世界的に新型コロナウイルスが終息に向かったとしても、このような惨事を繰り返さない為にも除菌などの習慣は継続させる必要があると言えます。


更にこのウイルスは感染を通して様々な変異を繰り返しています。

ワクチン接種後どれだけ体内に中和抗体を保有できているか、これが今後の安心基準となるのではないでしょうか。


ワクチン接種から中和抗体ができるまでの期間は約2週間、一度できた抗体の持続期間は5カ月程度とされています。

ですが人により中和抗体の持続期間は異なるため、中和抗体検査はワクチン接種とセットという認識であるべきといえるかもしれません。


実際、早期にワクチンを2回接種した人の中には、既に中和抗体をほとんど保有していなかった人もいたといいます。


またワクチンの接種を行えない方でも既に中和抗体を保有している可能性もあります。

今後の安心した生活のためにも、自身がどれだけ抗体を保有しているか一度検査してみてはいかがでしょうか?



■提示で特典、優待が受けられ、コロナで打撃を受けた業界に復興支援ができる!

■ワクチンを接種していなくてもcheckstationの実店舗で「中和抗体検査キット」の使用で「検査済みパスポート」を発行可能!+あんパス申し込みサポート付き

■検温器での「あんパス」読み取りで接触を回避

※全国10000箇所で順次実施


iOS、androidどちらもワクチンパスポートの発行が可能です。

「復興あんしんワクチンパスポート」の申し込みは、こちらから


実店舗では中和抗体検査キット以外にも、抗原検査の購入、陰性証明書の発行が可能です。

実店舗の場所やお問い合わせは、こちらから



医療法人社団宗仁会監修

検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

PCR検査キットの販売も開始しました!  当日配送便もございます!

  

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。

  

先着120名様にもれなく
お米プレゼントキャンペーン実施中!

 

 

中和抗体検査キットAmazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

当日配送便もございます! 

 

 

Ranking

記事ランキング

Tag

タグ

Sitemap

サイトマップ

Archive

月別アーカイブ