タレントの志村けんさんから考える「タバコとコロナ」


コロナ禍で外出を自粛していた間に改正健康増進法が施行され、タバコを吸える場所がめっきり減った。原則的に屋内禁煙となりました。タバコを吸うことでコロナ感染しやすい・重症化しやすいというのは本当なのかどうか、なにか逆転の発想はないのだろうか…


そんなお話をしていきたいと思います。


日本では感染拡大中の2020年3月に亡くなったタレントの志村けんさんがヘビースモーカーだったこともあり「タバコは重症化の原因」のように報じられました。この病気が肺に深刻なダメージをもたらすことから、タバコで日常的に肺に負担を強いている喫煙者のリスクが高いのはさもあり、納得した人も多いでしょう。さらに、2020年4月になってWHOが「喫煙者は非喫煙者と比較して、新型コロナウイルスへの感染で重症となる可能性が高いことが明らかになった」との報告を発表し、ますます禁煙勢力からの攻撃が強まりました。


確かに、喫煙によってさまざまなリスクがあります。どんなリスクがあるか浮かびますか?


喫煙者本人

がんをはじめ、脳卒中や虚血性心疾患などの循環器疾患、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や結核などの呼吸器疾患、2型糖尿病、歯周病など、多くの病気と関係しており、予防できる最大の死亡原因であることがわかっています。

また、喫煙を始める年齢が若いほど、がんや循環器疾患のリスクを高めるだけでなく、総死亡率が高くなることもわかっています。


受動喫煙

喫煙者が吸っている煙だけではなくタバコから立ち昇る煙や喫煙者が吐き出す煙にも、ニコチンやタールはもちろん多くの有害物質が含まれています。本人は喫煙しなくても身の回りのたばこの煙を吸わされてしまうことを受動喫煙と言います。

受動喫煙との関連が「確実」と判定された肺がん、虚血性心疾患、脳卒中、乳幼児突然死症候群(SIDS)の4疾患について、超過死亡数を推定した結果によると、わが国では年間約1万5千人が受動喫煙で死亡しており健康影響は深刻です。(参照元:厚生労働省HP)


志村けんさんの報道や厚生労働省の見解を鑑みると、喫煙によって様々な健康への悪影響が及ぶ可能性があることは明白ですが、未だ「喫煙によってコロナに罹りやすい」という話はあまり耳にしません。


だからといって、喫煙していてもコロナにかからないというわけでもないです。


米国の医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル」に発表された論文には、中国での感染者における喫煙者の割合が掲載されていました。中国では感染者1085人中の喫煙者の割合が12.6%であり、中国の喫煙者率27.7%の約半分という結果でした。比較対象の一般人口の喫煙者率を調査したのがWHOというのが皮肉ではあります。このほか、フランス、ドイツ、韓国でも喫煙者率よりも、感染者中の喫煙者の割合は低いという調査結果が報告されています。


これらの調査を行った国の中でも、フランスでは、新型コロナウイルス感染症の予防や治療にニコチンが利用できるかについて、臨床試験が始まることになったとのことです。


コロナウイルスがまん延されたからこそこういった臨床試験もはじまりましたが、

いずれにしても、喫煙する事には健康への悪影響がなにかしら及ぶ可能性があることは忘れてはなりません。


また、感染防止対策の一環として、コロナワクチンの接種や中和抗体の確認が進んでいますが、行動規制緩和のためにワクチン接種済証を提示することで施設や飲食店の利用が可能となる取組が進んでいます。


しかしながら、紙面で所持するのはとても不便・紛失の恐れがあることからデジタル化する動きが求められています。


喫煙者・非喫煙者それぞれ今後の課題は…?

ワクチン接種のみならず、いまは中和抗体の確認を行うことではないでしょうか。

中和抗体は体内へのウイルス侵入を防ぐ力を担うので感染リスクや重症化リスクを回避できます。


ワクチン接種を完了させた方もそうでない方(※1)も無料で出来るCheck Stationが

新たなサービス展開を始めた「復興あんしんワクチンパスポート」の発行を行いませんか?


復興あんしんワクチンパスポート(通称:あんパス)は加盟店にて提示を行うと施設利用料やサービス料の割引が適応されるものです。この【あんパス】で行動規制緩和を図り、コロナによって打撃を受けた業界に復興支援をする取り組みです。引き続き、感染防止対策を行うのとともに、日本経済の再活性化に貢献しませんか?


(※1 ワクチン接種を行っていない方でも実店舗にて中和抗体検査を行う事で検査済みパスポートが発行できるのが【あんパス】の長所です)


あんしん安全な日常生活を送るためにも中和抗体検査やワクチンパスポートの取得を検討してみてはいかがでしょうか?


■提示で特典、優待が受けられ、コロナで打撃を受けた業界に復興支援ができる!

■ワクチンを接種していなくてもcheck stationの実店舗で「中和抗体検査キット」の使用で「検査済みパスポート」を発行可能!+あんパス申し込みサポート付き

■検温器での「あんパス」読み取りで接触を回避

※全国10000箇所で順次実施


iOS、androidどちらもワクチンパスポートの発行が可能です。

「復興あんしんワクチンパスポート」の申し込みは、こちらから


実店舗では中和抗体検査キット以外にも、抗原検査の購入、陰性証明書の発行が可能です。

実店舗の場所やお問い合わせは、こちらから


医療法人社団宗仁会監修



検査キット各種 Amazonで好評販売中!

  

⇓⇓ あんパス、円で発行中!  加盟店ご希望の方はこちら ⇓⇓

 

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。