「ウィズコロナ」での飲酒にご注意を!


11月1日から「ウィズコロナ」への転換が本格化しソーシャルディスタンスが緩和されました。会合の可能人数も拡大し食堂や居酒屋などの営業時間が延びてこれまで見送られてきた会合が増えるものと予想されます。これに対して専門家はお酒の暴飲に注意しなければならないと警告しています。


ウィズコロナとは

ウィズコロナは11月1日から6週間おきに3段階にわたって施行されます。第一段階が適用されると、遊興施設を除いたすべての施設で24時間営業が可能になります。雄興施設や室内体育施設にはワクチンパスやPCR音声確認書があれば出入りが可能です。各段階は4週間の施行期間と2週間の評価期間を経て、最終的に1月24日に第3段階

が適用されると、施設運営、行事、私的な集まりの制限がすべて解除されます。


久しぶりの暴飲が危険?!


会合の制限人数が増え、食堂などの利用施設の運営時間が緩和されることにより増えた飲み会による頻繁な暴飲に注意しなければなりません。飲みすぎが繰り返された場合、アルコール性疾患や習慣性飲酒問題につながる可能性があります。

久々の飲み会なので飲みすぎることに大きな問題はないと誤解しがちですがたまの飲みすぎが毎日お酒を飲むことと同じくらい脳や体に致命的な影響を及ぼすという研究結果もあります。ある調査によると「“飲み過ぎ”を頻繁にするグループ」と「月1“飲み過ぎ”をするグループ」、どちらもアルコール依存症者の脳にみられる症状が起きており、アルコール誘発脳損傷の初期症状とみなすことが出来るという意見を発表しています。


毎日暴飲してきたわけではなく、久しぶりに飲むため「久しぶりだから大丈夫だろう」「たまにはたくさん飲みたい」と考える方も多いと思いますが、たまの暴飲が繰り返されるとアルコール依存症になりやすく、健康悪化を誘発する為注意が必要となります。


アルコール使用障害はいつの間にか発症している可能性があるので警戒をしながらお酒と付き合っていく必要があると思います。


最後に

現在日本では約7割の人がワクチン接種を終了しておりますがワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからないのです。

ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態でお過ごしください。


「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%

製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。



実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら

検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

⇓⇓ あんパス、円で発行中!  加盟店ご希望の方はこちら ⇓⇓

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。