新型コロナウイルスは精神疾患の増悪因子?


新型コロナウイルス感染症が流行し始めてから、「コロナうつ」という言葉が頻繁にメディアで取り上げられるようになりました。


コロナうつとは医学的な定義があるものではなく、新型コロナウイルスによる自粛、在宅ワークや感染への不安、テレビ等の情報に触れることにより漠然とした不安が原因でうつ状態(気分が落ち込む、やる気が出ないなどの症状)になることがコロナうつと言われています。


何故コロナうつの人がメディアで取り上げられるほど増加してしまったのか、新型コロナウイルスの流行により日常生活や環境が大きく変化してしまい、そのストレスも大きな要因ではないかと考えられています。


・ネットやメディアで新型コロナウイルスの情報に触れてしまう事により不安になる

・感染が怖く外出ができない

・在宅勤務になり人とのコミュニケーションが減った

・外出が減り運動することがなくなった

・新型コロナウイルスの影響で仕事を失った、或いは収入が減った

・家族が在宅勤務になってからストレスを感じるようになった

など人によってさまざまな理由があげられます。


一般的なうつ病の主な症状は

感情面=むなしい、さびしい、訳もなく悲しくなる

行動面=やる気が出ない、興味や関心がなくなる、億劫に感じることが多い

身体面=不眠、過眠、食欲不振、肩こり、頭が重い、頭痛、動悸、めまいなど

(一部引用:厚生労働省)



また下記のような症状を繰り返し感じるようになった場合はクリニックなどへの受診を検討してください。

□以前興味があったことに興味がなくなった(楽しめなくなった)

□気分が落ち込む、憂鬱な気持ちになる

□寝つきが悪くなった、夜中に目が覚める、寝すぎてしまう

□運動もしていないのに疲れた感じがする

□食欲がわかない、或いは食べ過ぎてしまう

□仕事や勉強などに集中ができなくなった

□理由はわからないがとても絶望的な気持ちを感じて死にたいと思うことがある


多く当てはまっていている場合、一人で悩まずまずはクリニックなどの受診を検討してみましょう。



コロナうつの対処法は通常のうつ病と同じく、まずはしっかりと休養をとることが第一です。

その他に医師の判断で薬物療法や精神療法などもあげられます。


本格的に通院を検討する場合には治療を進めるうえで不安や悩みを持ったら、主治医に相談しましょう。

何でも相談できる関係を主治医ともつことはうつ病治療の第一歩です。


場合によっては、主治医以外の専門家の意見を聞くこともひとつです。

これをセカンドオピニオンといいます。複数の専門家の意見を聞くことが納得のいく医療を受ける手だてになることもあります。



日常の不安を少しでもなくし、旅行や外出を楽しめるのが理想ですね。

Check Stationではあんしんして復興支援を行える「復興あんしんワクチンパスポート」あんパスの発行を行っています。


あんしん安全お得に復興支援ができるあんパスを取得して少しでも不安が和らげられればと思います。


■提示で特典、優待が受けられ、コロナで打撃を受けた業界に復興支援ができる!

■ワクチンを接種していなくてcheckstationの実店舗で「中和抗体検査キット」の使用で「検査済みパスポート」を発行可能!+あんパス申し込みサポート付き

■検温器での「あんパス」読み取りで接触を回避

※全国10000箇所で順次実施


iOS、androidどちらもワクチンパスポートの発行が可能です。

「復興あんしんワクチンパスポート」の申し込みは、こちらから


実店舗では中和抗体検査キット以外にも、抗原検査の購入、陰性証明書の発行が可能です。

実店舗の場所やお問い合わせは、こちらから


医療法人社団宗仁会監修



検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

PCR検査キットの販売も開始しました!  当日配送便もございます!

  

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。

  

先着120名様にもれなく
お米プレゼントキャンペーン実施中!

 

 

中和抗体検査キットAmazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

当日配送便もございます! 

 

 

Ranking

記事ランキング

Tag

タグ

Sitemap

サイトマップ

Archive

月別アーカイブ