コロナ死滅!? 感染者が少なくなった理由とは


2021年9月末に緊急事態宣言が明け、感染者がまた増加するかと予想されていましたが、同年11月現在、感染者数は減少傾向にあります。

ワクチンインセンティブの影響もあってか、ワクチンの接種を進んで受ける方が増え、抗体ができて感染しなくなったかと思いますが、実はコロナウイルスが“死滅”し、働きが落ちた可能性があると言います。


なぜ死滅?

ウイルスはヒトや動物の細胞に入り込み、細胞にあるものを使って繁殖していき、体内にウイルスの遺伝子がコピーを続け、何回もコピーを繰り返すうちに「RMA」と呼ばれる遺伝子の情報を持つ物質にわずかなミスが起きます。

このミスを変異といい、感染力の強い変異株が生まれ世界に脅威を及ぼしました。

2021年8月下旬の第5波前にはほとんどのウイルスが酵素の変化したタイプに置き換わっていて、遺伝子情報の変異を修復する酵素が変異し、変異が修復できずに死滅したという研究結果による説を国立遺伝学研究所と新潟大のチームが発表しました。


「ワクチンを打たなくてもいい」というわけではない

このお話はあくまでも仮説ですので、ウイルス自身が自滅するからワクチンを接種しなくてもいい理由にはなりません。

2021年10月7日時点の一回以上のワクチン接種率は全人口の72.8%(引用:NIID 国立感染症研究所) と比較的高い傾向にありますので、1人1人の努力が報われたのだと思います。

また、ワクチンの接種がまだ済んでいない方も、ワクチンインセンティブや厚生労働省が発信している情報を元にぜひ検討してみてください。


ワクチンを打ったら中和抗体の確認を

コロナウイルスに感染したり、ワクチンを接種すると、体内にコロナに感染しづらくなる、感染したとしても重症化しづらくなると言われている中和抗体ができると言われています。

中和抗体はワクチンを接種したとしても必ずできるというわけではありません。

まずは自分や周りをコロナから守るために、体内に中和抗体ができているかを確認しませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


ワクチンパスポートが各国で使用されている中、実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら



検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

⇓⇓ あんパス、円で発行中!  加盟店ご希望の方はこちら ⇓⇓

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。