受診控えによる健康悪化・病気の見逃しに注意 新型コロナウイルスの影響


新型コロナウイルス感染の拡大に伴い、病院での感染を恐れて患者さんが「受診控え」をするケースが増えています。健康悪化にもつながりかねません。



「受診控え」が健康を損なう

感染を恐れ、必要な通院を控えることは、健康を損なう可能性があります。


実際、受診遅れや重症化があったか、診療科別にたずねた調査では、歯科や耳鼻咽喉科の半数以上、患者数の多い内科や小児科でも、40%以上で報告がありました。


内科では糖尿病や高血圧、小児科ではぜんそくなど慢性疾患が悪化したというケースが目立っています。


がん検診を受けず、見落としの恐れ。がん検診の受診率も大幅に減少しています。


2019年を100とすると、2020年は胃がん、肺がん、乳がん検診は40%以上も減少しました。受診の遅れからがんが進行した状態で発見されたという深刻な例も報告されています。




迷わず病院へ、「オンライン診療」も活用

今、体に異変を感じている方は、躊躇せず医療機関に足を運んでください。


慢性疾患をお持ちの方は、ご自分の判断で中止せず、今まで通り、医療機関に行きましょう。医療機関を受診することが不安な方には、オンライン診療という方法もあります。現在は初診からの利用も可能になりました。


自己判断で受診を控えることで、慢性疾患の症状悪化や、そのために新型コロナなどのウイルスに対抗できない状態になることがあります。


かかりつけ医・かかりつけ歯科医に相談しながら健康や持病を管理していくことが新型コロナウイルス対策にもとても重要なため、心配な場合は、まずはかかりつけ医・かかりつけ歯科医に相談しましょう。


予防接種や乳幼児健診について分からないことは、お住いの市区町村へお問い合わせください。


また症状のない方でも、定期健診は病気の早期発見に重要です。是非受けて下さい。


医療機関としっかりと連絡を取り合い、健康を保っていきましょう。


まだ新型コロナウイルスの流行は収束しませんが、皆さんや皆さんの大切な方々が安心して過ごせるよう新型コロナウイルスワクチン接種後に中和抗体検査を受けて抗体の有無を確認してみましょう。

体調管理、予防の徹底を行いウイルスに打ち勝っていきましょう。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%

製品に関してのご不明点はこちらからお問合せください。


これからワクチンパスポートが普及されるかもしれませんので、証明書の発行ができる場所を確認しておきましょう。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点はこちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀






検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

⇓⇓ あんパス、円で発行中!  加盟店ご希望の方はこちら ⇓⇓

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。