コロナ禍のマスク着用でまさかの悩み!○○部分の脱毛症?!


コロナ禍により生活で必要不可欠となったのは紛れもなくマスクです。マスク生活となってから早2年が経とうとしています。長時間のマスク着用による肌荒れや耳の痛みなど、マスクについて悩む人が多くいると思います。そんな中、マスクによるさらなる悩みが出てきています。


○○部分の脱毛症?




この悩みとは、長時間のマスク着用による“もみあげ”部分の脱毛症状です。ネットでは「マスクのし過ぎでもみあげがハゲてきた」「マスクを四六時中しているせいなのか、もみあげがハゲはじめてきた」「毎日のマスクでもみあげが..」などの同じ症状を明かす投稿があり、もみあげ部分に脱毛症状あがるようです。


SNSにマスクによる脱毛症状を投稿した方によると、「なんかハゲてきていると思っていたら翌朝マスクをするとひもの部分と一致し気づいた」と言います。それまでは全く気が付かなかったとの事です。


もみあげ部分の脱毛症状の原因は?対策は?


マスク生活はまだまだ続きそうで、このような症状が今後さらに多くの人に生じる可能性もあります。そもそもなぜマスクひもで脱毛症状がおきるのでしょうか?それに伴い防ぐ方法はあるのでしょうか。

<原因>

もみあげ部分の脱毛症状の原因はマスクのヒモ部分と完全に一致した脱毛であればまずは外的刺激による脱毛が考えられます。マスクのヒモは口、顎の動きに合わせて若干動くので「毛髪との擦れ」と「頭皮との擦れ」の2種類の外的刺激が生じています。

【毛髪との擦れ】:マスクひもが毛髪自体と繰り返し擦れる、引っ張られることで毛髪が抜ける、毛髪がちぎれる

【頭髪との擦れ】:頭皮への繰り返しの刺激によるもの。

上記の2つ以外にもコロナ禍のストレスによる脱毛症の可能性もあります。

<対策>

外的刺激が原因である場合は刺激の少ない形状のマスク(ヒモ)や引っ掛かりの少ないヒモ素材などで対応するのが良いと思われます。

一番簡単なのはマスクのヒモを毎日ずらすことです。ヒモを通常耳にかけるのと、ヒモをクロスして耳にかけることでヒモの位置が変わります。ウレタンマスクの上に不織布マスクをする事でヒモの擦れがウレタン帯部分で保護されたりします。


感染者数は減少していますがマスク生活から解放されたわけではありません。日々コロナ禍による悩みが尽きませんがみんなで一緒に乗り越えましょう。


最後に

現在日本では約7割の人がワクチン接種を終了しておりますがワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからないのです。

ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態でお過ごしください。


「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%

製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。



実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら



検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 


オフィシャルネットショップでも販売中!

PCR検査キットも販売中!          当日配送便もございます!

  

 

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。

  

先着120名様にもれなく
お米プレゼントキャンペーン実施中!

 

Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!


 【初回2,000円OFF!】
nosh-ナッシュ
の低糖質食事宅配サイトとコラボ!

Ranking

記事ランキング

Tag

タグ

Sitemap

サイトマップ