全ての記事

ワクチン接種後に「もう若くない」を実感したアラサー女性



「若者がワクチン接種すると副反応がつらく出る傾向がある」ということだが、20代でワクチン接種された皆さん、副反応はどうでしたか?


2回目のコロナワクチン接種を控えている27歳のとある女性の体験談と考察をしていきます。

この女性はワクチン接種には前向きではなかったが、「アラサー」であることにすごく気になっていて、「27歳って若いの?若くないの?やっぱ体力的に打つべきなのか?」と悩んだ末に、【念のため】という結論に至り、ワクチン接種を決心したとのこと。


まだまだ若い世代でも、ワクチン接種に躊躇いがある方も多いと思うので、

【若者がワクチンを打つメリット】を参考にしてください。


“アラサー”はおおよそ26歳あたりから29歳あたりを指すが、これらの世代はもう若くないのでしょうか?


筆者の一個人の考えとしては「若い」に該当すると考えるがその理由として、社会的には、挑戦するべきことはまだまだある働き盛りでもあり、結婚して幼い子供を抱えていたとしても、まだまだ様々な体験や挑戦をするから。


この世代で規則正しい生活を送っていれば大きな病気をしないで済みます。

しかし、抗体はどうでしょうか?


免疫力は生活習慣や加齢によって衰え始めるとのことだが、抗体は若いうちであれば、まだまだしっかり機能してくれるのでは?

こう考えたアラサー女性は1回目のワクチン接種の前日、しっかり休養とって体調を整えるために晩御飯にうなぎ丼を選びました。


理由は「栄養が豊富で疲労回復を図るため」とのこと。


美味しくいただいた後はすぐに睡眠をとり、朝になって、目覚めてすぐに支度をして接種会場へと向かいました。


彼女の接種会場はかかりつけの病院でのワクチン接種でしたが、やはり不安が大きく、副反応が怖いなあ、副反応どれだけつらいだろう…とそんなことで頭がいっぱいに…。


接種直後から翌日は安静にすることを推奨されていたのでその通りにしていました。

接種直後はアナフィラキシーが出た場合のことを考慮して、会場で20分程度安静にしていたそうですが、無事に何事もなく副反応に備えて解熱鎮痛剤も処方して頂いたみたいです。


「若者がワクチン接種すると副反応がつらく出る傾向がある」とのことだったので、覚悟していたはずなのに、接種から翌日の昼過ぎを迎えてもまったくといっていいほど副反応が現れることはなく、就寝前に下半身のだるさがあったみたいですが、仕事後のだるさと同じ程度だったため気にならないとのことでした。


ワクチンを接種すると、「新型コロナウイルス=人生でたぶん初めて出会うウイルス」の「異種タンパク質」が体内で発生することになります。その免疫応答(外からの侵入者から身を守る目的で体に起きる反応)による「拒絶反応」によって、さまざまな症状が出ます。発熱や倦怠感、注射した部位の疼痛などで、年齢が若いほどこれらの症状が恐らくは伴う上に2回目のワクチン接種はより強い副反応が現れるとのことで、もちろん副反応の現れ方には個人差があるとのことですが、


女性はここまでなにもないことに少し残念な気持ちになってしまったとのことです。

もう若くないのか…と落ち込んでいましたが、


それはすなわち、「免疫応答(外からの侵入者から身を守る目的で体に起きる反応)による【拒絶反応】を起こすことなく過ごせた」ということですから、2回目の接種後もそうなればなと希望を抱いたのでした。


若者に限らず、どの年代でも副反応の現れ方には差があります。もちろん、副反応にはアナフィラキシーもありますので、接種直後が会場で20分から30分様子みておくといいでしょう。


また、ワクチンを接種して、気分が悪くなったり、眠くなったり、気絶してしまったりする

血管迷走神経反射もありますのでこれにも気にかけていただきたいところです。


ワクチン接種後も感染防止対策は取り続けなければなりません。ワクチン接種完了者のみならず、未接種者にも注目してほしいのは、「体内へのウイルス侵入を防ぐ力(中和抗体)」が獲得できているかどうかです。


感染リスクや重症化リスクの回避を担う貴重な抗体です。

自身の身を守るため、確かめてみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査可能。

             

実店舗での検査や中和抗体獲得証明書の発行を受け付けております。詳細は、こちらから。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。


その他、新型コロナウイルスに係る情報は、こちらから。