全ての記事

血管迷走神経反射についてご存じですか?



血管迷走神経反射って聞いたことありませんか?新型コロナウイルスのワクチンを接種した人はこの言葉を目にしている人も多いかもしれません。ワクチンを接種して、気分が悪くなったり、眠くなったり、気絶してしまったりするのが血管迷走神経反射です。今回はその血管迷走神経反射について解説してみたいと思います。



・なぜ血管迷走神経反射が起きるのか

血管迷走神経反射は、痛み(採血時の痛みなど)や長時間の立位、激しい運動(とくに気温が高い状態での運動)、排便・排尿後、ストレス(満員電車乗車時など)によって急性の自律神経失調が起こり、心拍数の低下や血管拡張を来たし、脳血流の循環障害を起こり、失神やめまいなどの症状が起きます。


睡眠不足や疲れている時、長時間立っている時、痛みや緊張などの精神的ストレスを感じた時などに、血管迷走神経反射は起こりやすくなります。



・血管迷走神経反射の対策と対応

新型コロナウイルスに限らず、ワクチンを接種するときや血液検査するときは、事前に十分な睡眠をとり、接種後に急には動かず15分ほど座って様子を見ることが重要です。またワクチン接種や採血で気分が悪くなったり、意識が遠くなったりしたことがある人は予診の時に医師や看護師に伝え、横になって接種することも可能なようです。


接種後に吐き気や頭痛、腹痛などの前兆を感じたら、その場でしゃがみこんだり横になったりしましょう。その状態で動いて意識が遠くなったりしたら頭を打つなどの二次的事故が発生してしまいます。



・まとめ

ワクチン接種が進み、10月末には国民の7割がワクチン接種の2回目を終えるそうです。


まだワクチン接種が残っている皆さんも接種するときは血管迷走神経反射に気をつけましょう。そしてワクチンを接種したら自分に中和抗体ができているかどうか確かめてみましょう。中和抗体があるとコロナに感染しにくい、または重症化しにくくなれます。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%


病院に行く手間もなくその場15分で検査ができ、痛みもないので高齢者や子供でも検査ができます。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。