全ての記事

コロナ禍での選挙活動



衆議院選挙が10月31日にありましたが、コロナ禍ということもあって、選挙活動には様々な工夫があるようです。


茨城県では、大人数を集めての集会が開きにくいため、前もって予定を公表しないゲリラ的な街頭演説を増やしたり、大型ビジョンが取り付けられたトラックの荷台をステージにし、政策やデータを画面に映しながら演説したりしたようです。


千葉県でもゲリラ的に演説したり、マスク着用、ソーシャルディスタンスについて呼びかけたり、対策をしています。そして、その様子を動画投稿サイトでライブ配信していたようです。


コロナ禍で迎える選挙とあって、握手や屋内での集会といった従来型の活動が制約されるため、動画投稿サイトやSNSを活用する陣営も増えつつあります。


テレワークをしている人もまだいるため、選挙カーでの演説も印象が悪くなり、選挙活動はSNS中心になっているようですね。


・私見

コロナ禍での選挙ということで選挙活動は今までとは変わってきています。

マニフェストもコロナに関するものが多く、この選挙以降コロナに対して何か良い方向に変わっていくことを期待しています。


感染症対策されているとはいえ、選挙会場は大勢の人が集まります。

会場の対策以外にも個人個人でできる対策をしっかりと行いましょう。

体調管理、マスク着用、会場のものに触れたらアルコール消毒など、徹底していきましょう!

しかし、感染症対策だけでなく、ワクチンを接種することも大切です。

ワクチンを接種すると「中和抗体」が生成されます。

中和抗体とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」です。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避することができます。中和抗体を保有することは自分の為だけでなく、他人の為にもなっています。

そんな中和抗体をどれだけ保有しているか検査してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%製品に関してのご不明点はこちらからお問合せください。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。


実店舗での検査や中和抗体獲得証明書の発行を受け付けております。詳細は、こちらから。


その他、新型コロナウイルスに係る情報は、こちらから。