全ての記事

クラスター防止!抗原検査の活用方法

2021年5月に大規模なクラスターの防止で労働省の専門家会合で、迅速に感染が判定できる抗原検査キットを積極的に活用した検査戦略の案が示されました。

抗原検査に関して、詳しく知らない方もいるかと思います。


今回は活用すべき抗原検査についてお話していきます。



抗原検査とは?

抗原検査とは、PCR検査と同じ「今コロナにかかっているか」を調べるものになります。


「抗原」と聞くと抗体検査を思い浮かべますが、全く別物で抗体検査は「過去にコロナにかかっていたか」を調べるものになります。


PCR検査はウイルスの遺伝子を専用の薬液を用いて増幅させ検出させる検査方法で

抗原検査はウイルスの抗体を用いてウイルスが持つ特有のタンパク質(抗原)を検出する検査方法です。


PCR検査は専用の機械を使う必要があるので、病院や保健所が扱い検査をしますが、抗原検査は採取した検体を専用の液につけ、液をカートリッジにたらして数分待つだけで検査ができます。


詳しい使用方法は「スムーズな検査を実現! 抗原検査キットとは」のコラムをご確認ください。



国が出した抗原検査の活用方法

2021年5月に国が出した案ではけん怠感やのどの痛みなどの軽い症状があっても働いている人が多いことや、軽い症状のある人は無症状の人に比べてPCR検査の陽性率が高いことなどから、こうした人たちに抗原検査キットを活用して幅広く検査することで、クラスターの大規模化を防ぐとしています。


抗原検査キットは迅速に結果が出る一方で、PCR検査に比べると感度が低いとされていますが、二次感染のリスクが高い、ウイルス量の多い感染者を見つけ出す際には効果的です。


感染者数が増えるとPCR検査を受けられなくなる可能性がありますので、コロナか疑わしい症状が出たら早急に抗原検査を使い今コロナにかかっているかをチェックしましょう。


サステナブル・プランニングの提供するVazyme社の抗原検査キットは、


■PCRと比較して安価。

■PCR検査キットとの感度、特異度が一致率100%

■オンラインで医師相談も実施しているため、陽性反応が出た場合の不安もサポート。

■法人向けサービスに特化しているためキット販売会社には珍しく後払いOK!


変異株にも対応しているため、今はやりのコロナにかかっているかも確認ができ、

期限が1年半あるので備蓄にも最適です。


コロナにかかってしまったらクラスターになる可能性は非常に高いので、備蓄をし、すぐに検査できる環境にしましょう。



まとめ

抗原検査は介護施設や学校等で使われており、生活の中で欠かせないものになりつつあります。


いつコロナにかかっていてもおかしくない状態ですので、コロナにかかったかも…と思ったらすぐに抗原検査で今コロナにかかっているかを確認しましょう。


Vazyme社の抗原検査キットに関する問い合わせやご注文は、こちらからできます。