全ての記事

過去にコロナに感染してる人はワクチンの接種は必要?

コロナウイルスのまん延から約1年がたち、ワクチン接種も普及していきました。


アナフィラキシーや高熱などの副反応が懸念されていますが、過去に感染していた人の接種は必要なのでしょうか?

今回は新型コロナワクチンについてお話していきます。



感染経験者のワクチンの接種は必要?

過去に感染した人がワクチンを打つとなると安全なのか心配になると思います。


アメリカやカナダ、日本ではすでに感染した人がワクチンを接種しても安全面で問題はありませんとしています。


感染の人と同じように2回の接種ができるとしており、接種前に過去に感染したかどうかを調べる必要はないとしています。


ただし感染がわかっている場合、感染した時期や受けた治療によっては一定期間経ってからの接種が望ましい場合もあります。いつ接種したらいいのかわからない方は、主治医に相談しましょう。



抗体はどうなる?

感染経験者がワクチンを接種することにより追加の予防効果が得られるかどうかは、観察期間が半年程度の臨床試験(治験)ではわかっていません。


しかし、米CDCやカナダ政府は、感染して一定期間が過ぎると再感染の報告もあることなどから、感染経験者にもワクチン接種を推奨しています。


実際に感染するよりも、ワクチン接種の方が、血液中の新型コロナウイルスに対する抗体量が多くできるという報告もありますので、アメリカやカナダがすでに感染した人にワクチンを接種するよう推奨している理由はこういったためです。


ワクチンを接種後いつ抗体がなくなるかわからず、いつの間にか無症状で感染している可能背も考えられますので、自宅で「今コロナに感染しているか」を確認する抗原検査の備蓄をお勧めします。


PCR検査だと感染者数次第で検査を受けれるようになるまで時間がかかってしまう可能性があり、家族や職場で移してしまい、周りに迷惑をかけてしまうこともあります。

抗原検査だと検査結果が10分ほどで結果がわかり、期限も約1年半あるので備蓄にも最適です。


サステナブル・プランニングの提供するVazyme社の抗原検査キットは、


■PCRと比較して安価。

■PCR検査キットとの感度、特異度が一致率100%

■オンラインで医師相談も実施しているため、陽性反応が出た場合の不安もサポート。

■法人向けサービスに特化しているためキット販売会社には珍しく後払いOK!


変異株にも対応しているので、今はやりのコロナにかかっていても検査結果が出ます。

「抗原検査でスピーディーな検査を実現! 抗体検査やPCR検査との違いを解説」のコラムは、

こちらから。



まとめ

ワクチンは接種後約半年間抗体ができるといわれていますが、抗体がなくなる時期は分かりませんので、自宅や会社でその場で「今コロナにかかっているか」がわかる抗原検査キットで検査をしましょう。


Vazyme社の抗原検査キットに関する問い合わせやご注文は、こちらからできます。