全ての記事

コロナウイルスで「村八分」!?

コロナウイルスが世界中に猛威を振るう中、高齢者が多く住む地方では感染者に対して「村八分」があると言われています。

今回は感染者への差別についてお話していきます。



偏見や差別の現状

人口が多い場所から地方に帰省などで立ち寄ると、コロナウイルス流行前だと歓迎してくれていましたが、今では1人感染するだけで全体にまん延してしまう可能性があり、地方だと誰が感染したかがすぐ噂で回り、最悪一生「村八分」にあうといわれています。


山形県では「県内の感染者が村八分にされ引っ越しを強要された」という県民の話を受け、2020年9月にコロナによる偏見、差別への対策として「新型コロナによるいじめ・偏見・差別問題対策協議会」と設置するなど、村八分に関しての取り組みを行っています。


地方に住んでいる人はコロナと疑わしい症状や、身内に感染者がいたとなると偏見や差別が始まり、中世で猛威を振るったペストの時の「魔女狩り」のように未知のウイルスにおびえる人達は同じ過ちを繰り返しているように思えます。



地方に住んでいる人がコロナになってしまった場合

地方に住んでいて「コロナにかかっているかも・・・」と思った場合、噂になり差別の対象になってしまう可能性がありますので、まずは保健所に相談しましょう。


コロナの感染状況次第ではすぐにPCR検査を受けられなく、検査結果が出るのも時間がかかってしまい、費用も実費になる可能性がありますので

自宅で検査でき、わずか10分ほどで検査結果がわかる抗原検査をお勧めします。

抗原検査はネットで購入して届いてからその場で検査します。

どこかに送り返すことなく、その場10分で検査結果が出る優れものです。


サステナブル・プランニングの提供するVazyme社の抗原検査キットは、


■PCRと比較して安価。

■PCR検査キットとの感度、特異度が一致率100%

■オンラインで医師相談も実施しているため、陽性反応が出た場合の不安もサポート。

■法人向けサービスに特化しているためキット販売会社には珍しく後払いOK!


変異株にも対応しているので、今はやりのコロナにかかっていても検査結果が出ます。

「抗原検査でスピーディーな検査を実現! 抗体検査やPCR検査との違いを解説」のコラムは、

こちらから。



まとめ

今回はコロナで発生してしまう偏見や差別についてお話ししました。

地方に住んでいない人からすると、夢物語のような気もしますが、今や過去に起きていたのが現状です。

コロナウイルスやワクチンでの偏見、差別をなくし、日本全体で感染を抑制していち早くコロナウイルスの終息を願いましょう。


Vazyme社の抗原検査キットに関する問い合わせやご注文は、こちらからできます。