全ての記事

コロナで変わる食事方法

コロナウイルスの流行が猛威を振るう中、自宅での自粛が続き外食の罪悪感を覚える方も多くいるかと思います。

ある地域でドローンで食事を提供する「空飛ぶ牛丼」がメディアで取り上げられていました。

今回はコロナウイルスで変わった食事に関してお話していきます。



コロナで需要が増える「宅配」

フードデリバリーサービス業界は、コロナ流行前と比べて従業員や加盟店舗が増え、巣篭もりの環境で急成長し、大手は対象地域を拡張したり、新しく事業に入っています。

アメリカの市場調査会社によると、日本のフードデリバリーサービスの2020年の市場規模は、前年に比べて50%もの増加をしました。これまでも毎年数%ずつ伸びていましたが、ここにきて一気に増えたのはコロナ禍の巣ごもり需要によるものとみられています。

ですが配達員の増加やテレビコマーシャルの強化、加盟店の確保などで経費がかさみ、「利益なき繁忙」という状況のようです。



食事に対しての罪悪感

外食に対しての罪悪感を感じる方はたくさんいますが、健康意識の高まりでカロリー、糖質、塩分過多等の罪悪感を覚える方もいらっしゃいます。

また、フードロスや環境破壊など社会問題に関してもざいあくかんを覚える方は4人に1人いると回答しています。

罪悪感を抱え、自分を責めてしまうと最悪うつ病になってしまう可能性がありますので、息抜きに外食してもいいのではないでしょうか。

飲食の新マナーとして、「マスク会食」がメディアとして取り上げられ、各自治体でも「マスク会食」の実践のお願いをしています。

もし、コロナにかかっているかも…と少しでも思ったら、周りに移さないよう早急に検査をしましょう。

PCR検査では費用が2,3万円ほど、検査結果も2日ほどかかりますが、PCR検査と同じ「抗原検査」ですと約3,4千円で検査結果もわずか10分でわかる優れものです。


サステナブル・プランニングの提供するVazyme社の抗原検査キットは、


■PCRと比較して安価。

■PCR検査キットとの感度、特異度が一致率100%

■オンラインで医師相談も実施しているため、陽性反応が出た場合の不安もサポート。

■法人向けサービスに特化しているためキット販売会社には珍しく後払いOK!


変異株にも対応しているので、今はやりのコロナにかかっていても検査結果が出ます。

「抗原検査でスピーディーな検査を実現! 抗体検査やPCR検査との違いを解説」のコラムは、こちらから。


コロナウイルスで必要とされているのは「検査結果の速さ」だと思われますので、

周りや会社に迷惑をかけることがないよう行動すべきだと思います。



まとめ

複数人で食事や外食をすることがなくなり、昔より閉鎖的になっていると思います。

実は複数人での食事は精神に良い影響を与え、食事を介しての家族や社会つながりなどで自分を大事にしたい、自分が大切にされているという自尊感情を得ることもあります。

自分自身で家族、会社のかかわりを作り、コロナにかかっているか不安になったら抗原検査で「今コロナにかかっているか」を確認しましょう。

Vazyme社の抗原検査キットに関する問い合わせやご注文は、こちらからできます。