全ての記事

濃厚接触者の定義と濃厚接触者になった時の対処

感染力の高い変異株やデルタ株が出回り、いつ感染者に接触してもおかしくない状況で

もしかしたら濃厚接触者になっていて、会社に迷惑をかけてしまうかもしれない…

と不安になっている方も多いと思います。


今回は「濃厚接触者」について解説していきます。



濃厚接触者の定義とは

厚生労働省HPのQ&Aではこのように記載があります。


濃厚接触者は、新型コロナウイルスに感染していることが確認された方と近距離で接触、或いは長時間接触し、感染の可能性が相対的に高くなっている方を指します。

必要な感染予防策をせずに手で触れること、または対面で互いに手を伸ばしたら届く距離(1m程度以内)で15分以上接触があった場合に濃厚接触者と考えられます。


引用元 厚生労働省のページhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html#Q3-3


接触距離と時間、感染予防対策をせずに接触していると濃厚接触者になると考えられます。



実際に濃厚接触者になってしまったら?

実際に濃厚接触者になって保健所やかかりつけの医師に相談し、検査が不要と判断されていても不安や疑いは晴れないかと思います。

病院に行きPCR検査をすれば1,2日で検査結果が確認できますが、すぐに検査結果が知りたいという方であれば日数やコストもかかります。

抗原検査キットであれば10~15分で検査結果が分かり、PCR検査より迅速に低コストで検査ができます。

すぐに検査をして、感染者がいるかを確認したい企業様であれば抗原検査をお勧めします。


サステナブル・プランニングの提供するVazyme社の抗原検査キットは、


■PCRと比較して安価。

■PCR検査キットとの感度、特異度が一致率100%

■オンラインで医師相談も実施しているため、陽性反応が出た場合の不安もサポート。

■法人向けサービスに特化しているためキット販売会社には珍しく後払いOK!


「多くの人と接触するため定期的に検査をしたい」「早く検査結果が知りたい」

とお考えの企業様、ぜひ一度ご検討ください。


「スムーズな検査を実現! 抗原検査キットとは」のコラムは、こちら



まとめ

感染者が増加しないために、個人間で気を付けなければなりません。

濃厚接触者にならないようしっかり感染対策をし、疑わしい症状が出れば抗原検査で今感染しているか確認しましょう。


Vazyme社の抗原検査キットに関する問い合わせやご注文は、こちらからできます。