全ての記事

コロナウイルス変異株は増え続ける?


2020年1月に日本国内でコロナウイルス感染省第一例が検知され、その後変異したコロナウイルスは何件も確認されました。

その後変異株は日本だけではなく世界を揺れ動かし、いまだ猛威を振るっています。

今回はコロナウイルス変異株に関してお話していきます。



ウイルスの変異はどこから起こる?

2021年7月で確認されている変異ウイルスは現在11種類あり、中でもアルファ変異ウイルス(イギリス株)は通常のウイルスより70%ほど感染力が高く、第4波の引き金となりました。

また、0歳~17歳までの子供の割合が従来のウイルスよりも増加し、お年寄りや家庭内クラスターの原因になると考えられます。

では、ウイルスの変異はどこから起きるのか?

ウイルスは「細菌」と考えられがちですが、全く別物でウイルス単体では増え続けることはできません。

ウイルスはヒトや動物の細胞に入り込み、細胞にあるものを使って繁殖していき、体内にウイルスの遺伝子がコピーを続けます。

ですが何回もコピーを繰り返すうちに「RMA」と呼ばれる遺伝子の情報を持つ物質にわずかなミスが起きます。

このミスを「変異」といいます。

コロナウイルスは感染を繰り返していくうちに2週間に1回はごくわずかな変異がされていることが確認されています。

ただ、小さな変異でもウイルスの「スパイクたんぱく質」など重要な部分が変わってしまうとウイルスの性質が変わってしまいます。

それがイギリス株や南アフリカ株などの変異株といわれているものです。

変異株の種類や特徴は、こちらで詳しく解説しています。



変異株の今後

もちろん、変異株の症状や特徴は1つではないので、臨機応変に対応していく必要があります。

変異株は今後も増え続けるかと思われますが、感染対策を怠らずにマスクの着用、アルコール消毒をきちんと行いましょう。

また、コロナに感染しているかも?と思ったらすぐに検査しましょう。

PCR検査は検査結果が出るまでに時間がかかり、会社や周りに迷惑が掛かってしまいますが、抗原検査だと検査結果がその場10分ほどで分かり、費用も比較的安いです。

サステナブル・プランニングの提供するVazyme社の抗原検査キットは、


■PCRと比較して安価。

■PCR検査キットとの感度、特異度が一致率100%

■オンラインで医師相談も実施しているため、陽性反応が出た場合の不安もサポート。

■法人向けサービスに特化しているためキット販売会社には珍しく後払いOK!


変異株にも対応しているため、「人と接触する前に検査がしたい」「クラスター防止に全社で検査したい」とお考えの企業様、ぜひ一度ご検討ください。

「抗原検査でスピーディーな検査を実現! 抗体検査やPCR検査との違いを解説」のコラムは、こちらから



まとめ

今後も進化するコロナウイルス。

世界の感染者数が減少するまでは油断はできませんが、うまく付き合っていきましょう。

Vazyme社の抗原検査キットに関する問い合わせやご注文は、こちらからできます。