全ての記事

ワクチンの接種はどうして注射なのか



「注射が嫌い」と思う成人の方は全体の8割を占めています。


インフルエンザや風疹、日本脳炎などの予防接種は全て注射で行われていますが、なぜワクチン=注射なのでしょうか。


ニュースでワクチンを接種している映像を見ていると、長く腕に針を刺している痛そうな映像や、コロナウイルスがまん延する前は、インフルエンザの流行シーズンになると子供が予防接種をして大泣きしている映像が流れていました。


その印象もあってか、注射は痛い、嫌いという声が多いと思います。


実際の所、ワクチンの痛みは打ち方や種類によって異なり、コロナウイルスのワクチンは筋肉注射なので、少しチクッとするだけで終わり注射が嫌いな人のイメージとはかけ離れています。


垂直な分、知覚神経が多く分布する皮膚に近いエリアを最短距離で突っ切ること、筋肉には痛みを感じる知覚神経が少ないことから、理論上は筋肉注射の方が痛くないとされています。


海外では鼻や口から吸入するタイプや貼るワクチンなどが製品化されていますが、実用化はされていないとの事ですが、注射でのワクチンの接種が主流なのでしょうか。


人はご飯を食べると、体内で分解されすべての成分が体内で分解されます。


口から摂取するワクチンだと分解されてしまい、きちんと取り込まれない可能性があるので、注射は薬剤を確実に体内に入れられるというところで採用されています。


コロナウイルスのワクチンは現在注射で接種するものしかないので、口や鼻、皮膚から取り込むタイプの物が普及しない限り我慢しなければなりません。




コロナウイルスに感染するリスクと、ワクチンを接種するリスクを考えると、断然ワクチンを接種する方が、死亡リスクが少なくなりコロナウイルスに感染しなくなります。


ワクチンを接種すると、中和抗体というウイルスの毒素に中和作用をする抗体ができ、周りに中和抗体があると集団クラスターや家庭内クラスターがなくなっていきます。


今、クラスター予防になる「中和抗体」があるかを検査してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


血液を採るためにランセットという針を使いますが、痛みが無く安全に使用できます。

中和抗体検査の使用方法は「中和抗体検査 実際にやってみた」をご覧ください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀