全ての記事

コロナ禍だからこそ誕生した新たな手当「運動ボーナス」の導入?!



外出自粛や在宅勤務によって運動量が激減されている方も多くいるだろう。


これによってコロナウイルス感染のリスクは回避できるきっかけにはなるが、運動不足による心身の不調が心配される。


在宅勤務を呼びかける企業がその問題を解決に導くために新たな動きが出た。


勤務中に運動を促すだけではなく、運動する時間を設けることで対策を講ずるだけではなく、なんと運動することによって「手当」を出す企業も出てきている。


長く健康に働ける環境づくりは社員にも企業にもメリットはかなり大きいもの。


具体的な取り組みとして採択されているのが、「体重の記録と歩数の記録を毎日行う」。


たったこれだけでボーナスがもらえるなんてなんて嬉しい事でしょう。


一時期、歩いた歩数をポイントに換えてそのポイントで、景品やギフトカードがゲットできるというポイント活動が流行した。


ただ、それにはモチベーションを維持できる大きな動機がないと継続が難しく、断念される方や三日坊主に陥ることもある。


そんな中「働く」と「適度な運動」がそのままお給料として受け取れるとなると、これは大喜びで取り掛かる人も多く、勤務の合間に歩く、体を動かす人が急増したのだ。


コロナ対策に加えて健康を重視する経営は、社員に大きなメリットをもたらすだけではなく、糖尿病などの生活習慣病のリスク軽減によって医療費負担を抑えられれば経営の安定にもつながるばかりではない。


少しの運動が、能力を十分に発揮できる社員が増えることで生産性が向上するという利点もあるのだ。


誰でも手軽にできる「歩く」という運動に改めてフォーカスした企業がこうした取組と導入を行うことによって、働く人たちの健康を保ってくれている。


厚生労働省でも歩く(ウォーキング)という手軽な運動こそ様々な疾病予防に繋がることを提唱しています。


(参照元:厚生労働省 e-ヘルスネット/身体活動・運動)


全ての企業がこういった手当を導入するにはとても難しいことは確かではありますが、私達が気にとどめるべきことというのは、


「運動が身体にいいことは認識しているのに、運動不足が身体に悪いことという認識をしきれていない」ということです。


運動不足解消によって、健康的な身体を保つだけではなく、免疫力を向上する事もできることを改めて知って頂きたいと筆者は考えます。


丈夫な身体は風邪に負けない身体を維持できるだけでなく、病気のリスクだって十分に軽減できます。


また、免疫だけではなく、ウイルスの侵入を防ぐ中和抗体がどれだけ自身が持っているかを確認してみるのもいいかもしれません。


ワクチン接種が終わっても不安を拭いきれない、本当に抗体ができているのか?


など不安に駆られている方は多いのではないでしょうか。


ウイルスの侵入を防ぐ中和抗体があるのかご自宅で簡単に検査できるキットがあります。



サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査できます。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。