全ての記事

デルタ株はどのくらい危険?

変異株は第4波で日本国内や世界に猛威を振るい、医療が崩壊状態になりました。


2021年5月頃から流行したデルタ株は全国各地で過去最高の感染者を記録し、若年層の感染が増えてきています。

今回はデルタ株の危険性や重症化リスクについてお話していきます。



デルタ株とは?

デルタ株はインドで最初に確認された変異株で、従来のコロナウイルスより感染力が2倍と言われています。


従来のコロナウイルスの症状は発熱、乾いたせき、疲労感などと言われていますが、デルタ株の症状は頭痛、のどの痛み、鼻水がもっとも多くなっていると言われていて、「ひどい風に似ている」と言われていて、コロナにかかっているか分からなくなっている人もいるかと思います。



デルタ株はどのくらい危険?

デルタ株は感染力が従来のウイルスより2倍になっているので、感染対策を欠かさず怠らないようにしましょう。


特に危険なのが「ワクチンの効き目を低下させる」可能性があり、国立感染症研究所が効果を弱める可能性が指摘されています。


また、重症化するリスクが高く、デルタ株に関する世界各国のデータによると、アルファ株に比べて約2倍重症化の危険性が高くなると言われています。


感染してしまったまま普通の風邪かと放置しているとクラスターの発端になり、最悪自分の大切な人が重症化してしまう可能性があります。

大勢の人に合う、イベントに参加する、旅行に行くとなったら今コロナにかかっていないかを確認しましょう。

PCR検査だと費用や時間もかかりますが、PCR検査と同じ「今コロナにかかっているか」を調べる抗原検査をお勧めします。


サステナブル・プランニングの提供するVazyme社の抗原検査キットは、


■PCRと比較して安価。

■PCR検査キットとの感度、特異度が一致率100%

■オンラインで医師相談も実施しているため、陽性反応が出た場合の不安もサポート。

■法人向けサービスに特化しているためキット販売会社には珍しく後払いOK!


従来の変異株はもちろん、デルタ株にも対応していますので、わずか10分で検査結果が分かります。


詳しい使用方法は「スムーズな検査を実現! 抗原検査キットとは」のコラムをご確認ください。



まとめ

これからも変異するウイルス。

いつものマスクの着用、アルコール消毒を徹底し、少しでも症状が出たら抗原検査で検査をし、自分も周りも安心、安全に生活しましょう。


Vazyme社の抗原検査キットに関する問い合わせやご注文は、こちらからできます。