全ての記事

コロナ禍で加速するペットブーム!

コロナウイルス流行の加速により、外出自粛で癒しを求め、ペットを飼い始める方が増加し、新しく買われたペットは2020年より6万匹以上増加しています。


ペットを飼い、癒し以外に私たちに与える影響はいったい何でしょうか?

今回はコロナとペットに関してお話していきます。



ペットを飼うことによる影響

多くの専門家は、ペットは、「無条件の愛」を与えてくれる存在であると言及しています。

最近ではペットを家族として考える人は多く、ペットも家族として接してくれるでしょう。

コロナ禍の中、ペットが私たちに与えてくれる心理的効果は以下の3点です。


・孤独感が軽減する

・幸福感が高まる

・自己効力や自己肯定感の向上


その他にも人と人とをつなぎ、関係を円滑にしてくれますが、中には飼えなくなってしまい手放す方もいらっしゃいます。

それぞれ事情もあるかと思いますが、私たちと同じ命なので責任感を持ってお迎えしましょう。



自分がコロナにかかったら、ペットはどうすればいい?

自分がコロナにかかってしまったらペットはどうしたらいいのだろう…と考える方もいると思います。

コロナウイルスはペットにも移りますので、信頼できる方やペットホテルに預けましょう。


預けるにあたって、ペットの性格や預けるにあたっての注意点等まとめておきましょう。

中には脱走してしまう子もいるので、対策をしっかりし預けましょう。


コロナ対策をしているけど、もしかしたらコロナにかかっているかもしれない…

と不安になっている方もいらっしゃいます。


調べるだけでPCR検査をすれば、実費になりますので2,3万円程かかりますが

PCR検査と同じ「今コロナにかかっているか」を調べる抗原検査は検査結果が約10分でわかり、費用も約3,4千円ほどと比較的お手頃です。


サステナブル・プランニングの提供するVazyme社の抗原検査キットは、


■PCRと比較して安価。

■PCR検査キットとの感度、特異度が一致率100%

■オンラインで医師相談も実施しているため、陽性反応が出た場合の不安もサポート。

■法人向けサービスに特化しているためキット販売会社には珍しく後払いOK!


使用期限も約1年半あり、備蓄にも最適で変異株にも対応しているので、今はやりのコロナにかかっているかが分かります。

使用方法は「スムーズな検査を実現! 抗原検査キットとは」のコラムをご確認ください。



まとめ

ペットは人々の支えになり家族の一員ですので、すぐに手放すなんてことはしないよう

大切にしましょう。


ペットがいない家庭でも、周りに移さないよう抗原検査を使って「今コロナにかかっているか」を確認しましょう。


Vazyme社の抗原検査キットに関する問い合わせやご注文は、こちらからできます。