全ての記事

コロナで車の需要が上がった理由は?

コロナでテレワークや外出自粛などで、家にいる時間が増えたかと思います。

ですが車の需要が上がり、所有する人が増えています。

今回はコロナと車の関係性についてお話していきます。



コロナでの車の需要が上がった?

“若者の車離れ”で車の需要がなくなったかと思えば、今回コロナで需要が上がりました。


宿泊業や飲食店など観光関連業だけでなく、航空会社や鉄道会社など海外からの観光客が入国規制でほぼいなくなり、日本人も緊急事態宣言で国内旅行もままならずかなりのダメージを今も受けています。


ですが、新車販売は2020年5月下旬、最初の緊急事態宣言が明けたころから急速な回復を見せ、同年9月からは絶好調といってもいい状況が続いています。


なぜ車の需要が上がったのでしょうか。

それは「コロナ禍の影響による車の認識」が変わった事かと思います。


とある会社の調査で「車は生活に必要な移動を安全に行うことができる」と回答した人は80%、「車は感染リスクを下げる事ができる」と回答した人は77%いました。

車の購入ニーズの高まりの背景には、車に対する安全価値の高まりがあることが分かります。



車は本当に安全なのか

車は感染リスクを下げられることは本当なのでしょうか?


コロナに感染しやすい3つの密には「密閉、密接、密集」があります。


車の窓を開けていれば密閉空間にはなりませんが、密接、密集空間になりますので、リスクはあるかと思います。


ですが、バスや電車よりかは人と人との間がありますので、感染リスクは比較的低いかと思われますがドライブをした次の日にコロナにかかっているかも…と自分や周りが疑わしい症状が出たらクラスターを起こす前に早急に検査をしましょう。


濃厚接触者の濃厚接触者はPCR 検査は実費になり、検査結果がでるのも時間がかかりますが

PCR検査と同じ「今コロナにかかっているか」を調べる抗原検査だと3,4千円程度で、検査後約10分で検査結果が出ます。


サステナブル・プランニングの提供するVazyme社の抗原検査キットは、


■PCRと比較して安価。

■PCR検査キットとの感度、特異度が一致率100%

■オンラインで医師相談も実施しているため、陽性反応が出た場合の不安もサポート。

■法人向けサービスに特化しているためキット販売会社には珍しく後払いOK!


ヨーロッパが安全性を認める「CEマーク」を取得し、変異株にも対応しているので今はやりのコロナにかかっているかが分かります。


使用方法は「スムーズな検査を実現! 抗原検査キットとは」のコラムをご確認ください。



まとめ

これからも需要が上がる車ですが、コロナにかからないよう感染対策をしながら車との生活を楽しみましょう。

疑わしい症状があったらすぐに抗原検査を使い「今コロナにかかっているか」を調べましょう。


Vazyme社の抗原検査キットに関する問い合わせやご注文は、こちらからできます。