全ての記事

事業者は助成金で抗原検査キットが購入できる?

​​​​​​​

現在、迅速なワクチン接種が推奨されている新型コロナウイルスですが、事業者に対してコロナ対策に関する給付金や助成金制度を設けている地区町村があるのをご存じでしょうか。



例えば、感染防止のためにフェイスガードを設置するための費用の援助や、ショッピングモールなどで目にすることの多い瞬時に体温を測ることのできる装置に対する補助金の給付などを行っているようです。また、個人に対しても支援を行っている地区町村も存在します。


例えば東京都では...

東京都の産業労働局は、商店街に対し感染拡大防止にかかる取組の周知や、感染拡大防止ガイドラインに基づく物品・消耗品の購入に必要な経費を補助するとしています。


補助対象の経費は


·     感染拡大防止ガイドラインに沿った取組の周知に要する費用

·     感染拡大防止ガイドラインに基づく物品購入費

·     感染拡大防止ガイドラインに基づく消耗品購入費

·     その他諸経費


と定められています。



厚生労働省は…

お子さんのいる家庭で休校等により個人で仕事を行わなければいけなくなった保護者の方向けに一日当たり決められた額の助成金を支給するとしています。この助成金制度は、対象が細かく定められているのでこちらより詳細をご覧ください。



持続化補助金とは

持続化補助金は販路開拓や生産性向上を目的とした取り組みに活用できる制度になります。

採択された事業者は事業再開枠も同時に申し込むことができ、二つ合わせて合計で最大100万円の補助が受けられます。申請するには、経営計画書、補助事業計画書を作成しなくてはなりませんが、アルコール消毒液やマスク、手袋等、このような状況下で欠かすことのできない商品の購入費に充てることができるよう、幅広い範囲で補助の対象が定められています。



雇用調整助成金

従業員の休業手当の一部が助成される制度で、時短要請により従業員を休ませている店舗が従業員の雇用維持を図るためには有効な手段の一つと言えます。



検査に使用できる助成金

新型コロナウイルスの感染が疑わしい場合、PCR検査、抗原検査共にこれらの検査に掛かる費用を行政が公費で負担する形で保険診療として行われることになっています。ただし、就業や海外渡航、その他の社会的事情による検査については、保険適応外となる為、注意が必要です。


新型コロナウイルス感染症緊急対策設備投資支援事業、新型コロナウイルス感染予防対策
ガイドライン等に基づく対策実行支援事業などを対象とした助成金の制度は感染拡大防止ガイドラインに基づき対象を定めています。


上記以外にも助成金・補助金制度はたくさんあります。しかし、事業再開枠の補助制度においては、PCR検査などの検査費用が補助金の対象にならないとの記述がありました。


そのため用途に合わせて利用する助成金・補助金の制度を選択する必要があります。


感染拡大防止を目的とした助成金制度においては抗原検査キットの購入費用も補助の対象になる制度もあるようなので、一度ご自身が所属する地区町村等に確認してみてはいかがでしょうか。