全ての記事

コロナで注目される日本のアニメ

今や「鬼滅の刃」を知らない人はいないのではないでしょうか。昨年の10月に劇場版 鬼滅の刃無限列車編が公開されてから現在もその勢いは止まらず、日本の映画興行収入ランキングでは堂々の1位 368億円を突破と老若男女問わず多くの人気を集めています。



鬼滅の刃とは

鬼滅の刃は週刊少年ジャンプで2016年11号から連載が開始され、一時は連載打ち切りが心配されるほどでしたが、その後2019年にアニメ化が決定し、2020年24号で連載終了した後も鬼滅旋風は止まらず現在に至ります。


簡単にストーリーをまとめると、主人公の竈門炭治郎が家族を鬼に襲われ、唯一生き残った妹の禰豆子も鬼に変えられてしまい、妹を治すために鬼を倒す物語になります。



なぜこんなに人気なのか

アニメといえば日本の世界に誇れる文化と言っても過言ではありません。「ONE PIECE」や「NARUTO」など海外にも多数ファンがいる作品が数多くあります。これらの作品に肩を並べようとしているのが鬼滅の刃です。国内では漫画の年間売上が歴代1位だったONE PIECEを抜くなど前例にない社会現象となっています。


なぜこんなにも注目されているのかというと、そのストーリー性と個性的で入り込みやすいキャラクター設定に秘密があるようです。


また新型コロナウイルスの流行により動画配信コンテンツでの配信もあって需要の高まりが見られるようです。



ジャンプ特有のストーリー性

週刊少年ジャンプと言えば王道ストーリーと呼ばれる「友情」「努力」「勝利」といった要素が組み込まれているのがイメージとして定着しているのではないでしょうか。


「鬼滅の刃」においてもこれらの要素が取り入れられていて、これらに加えて、「死」がテーマになっているところが世間で騒がれている理由の1つと言えるようです。



個性的なキャラクター

「鬼滅の刃」で特に人気のあるキャラクターは“我妻善逸”で、主人公の炭治郎とともに鬼を倒す鬼殺隊に属しているのですが、普段は弱々しく鬼を目の前にすると気絶してしまう、とてもかっこいいとは言い難いキャラクターなのですが、気絶した後は別人になったかのように技を繰り出しあっという間に鬼を倒してしまう二重人格のようなキャラクター設定になっています。ファンからはそのギャップがたまらないと作品内でも1位2位を争う人気キャラクターになっています。



次に来るアニメは?

「鬼滅の刃」の次に来るアニメと言われている「呪術廻戦」。アニメ放送開始後、毎回のようにネットニュースに取り上げられ、各書店では単行本の売り切れが続出するといった事態になっています。


呪術廻戦の内容を簡単に説明すると、主人公虎杖悠二が「お前は強いから、人を助けろ」と遺言を残した祖父の言葉通り、「呪い」の力を得て戦うストーリーになります。



まとめ

このような状況下において日本のアニメは多くの人の支えになっているようでコロナ禍でのアニメ需要は想像を絶するほど上昇しています。


今後、新しくアニメ映画が公開されたり、イベントが開催されたりと人が多く集まり新型コロナウイルスの感染拡大が心配される場面が出てくると思います。


一日も早い流行の終息を願って。。。