驚異の変異株「オミクロン株」

世界保健機関(WHO)は2021年11月26日に、南アフリカで新たに発見された新型コロナウイルスの変異型をデルタ株などと並ぶ「懸念すべき変異株」に分類すると発表しました。他の変異株と比べて、多数の変異を持ち、感染力が高い恐れなどがあるためであり、名称は「オミクロン株」としました。南アフリカの他にもベルギーやイスラエル、香港でも感染者が見つかり、既に世界に広がっている可能性も出てきています。

オミクロン株は、他の変異株より再感染する可能性が高く、WHOは各国で研究を強化することやクラスターが発生した場合に報告することを要求しました。


イギリスは11月25日にオミクロン株が見つかった南アフリカやナミビア、ジンバブエ、ボツワナ、レソト、エスワティニのアフリカ南部6カ国からの渡航を禁止すると発表しました。


これに続き、EU=ヨーロッパ連合も11月26日日加盟国に対してアフリカ南部地域からの渡航を停止するよう要請しました。


イタリアは過去14日間以内に南アフリカなど6か国に滞在歴がある場合の入国を禁止するとしています。ドイツでも11月27日以降、南アフリカなどからの渡航はドイツ人が帰国する場合に限ると発表しました。

日本でも水際対策の強化を発表し、11月27日午前0時から南アフリカやナミビア、ジンバブエ、ボツワナ、レソト、エスワティニのアフリカ南部6カ国からの入国者や帰国者に、指定の施設で10日間の待機を義務付けました。


製薬各社は既存のワクチンがオミクロン型にも有効か調査を急いでおり、2週間以内にワクチンの調整が必要か分かるそうです。そして、仮に調整が必要な場合6週間以内にワクチンに適用し、100日以内に出荷できるといいます。



年が明け現在ではオミクロン株に関して様々な見解が述べられ、明らかになってきたのは
オミクロン株の驚異的な感染力と重症化率の低さです。
これが新型コロナウイルスの最終形態ではないかという説もあります。
オミクロン株の発見から間もなく、世界各国で感染再拡大が急増しています。


一度は終息間近に見えた日本国内でも爆発的な感染の再拡大が起きてしまい、第6波の声も聞かれる現在。

従業員やその家族を抱える企業がいち早く行っているのは職域接種の予約です。


ワクチンを接種することで中和抗体を獲得できます。

中和抗体とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」です。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避することができます。中和抗体を保有することは自分の為だけでなく、他人の為にもなっています。


従業員や会社を守るためにも職域接種を検討してみてはいかがでしょうか。


■ 企業様の希望に沿ったサポートプランを用意しているので、比較的低価格な料金設定。

■ 病院に行かなくても良いため、時短で負担減+二次感染を防止。

■ コロナウイルス流行以前より、インフルエンザワクチンの出張法人ワクチンの実績有。

■ 医療法人社団宗仁会との提携で、複数の医療機関とのネットワークがあるので

  実施日や接種人数にも柔軟に対応可能です。


法人・団体ワクチン接種のお問い合わせは、こちら


Healthy Standの他の記事は▶こちら


医療法人社団宗仁会監修



検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 


オフィシャルネットショップでも販売中!

PCR検査キットも販売中!          当日配送便もございます!

  

 

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。

  

先着120名様にもれなく
お米プレゼントキャンペーン実施中!

 

Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!


 【初回2,000円OFF!】
nosh-ナッシュ
の低糖質食事宅配サイトとコラボ!

Ranking

記事ランキング

Tag

タグ

Sitemap

サイトマップ