ミニマリストになっておうち時間を満喫しよう



最小限の持ち物だけを手元に置く人を「ミニマリスト」と呼びます。完璧なミニマリストになるのは難しくても、ミニマリストが実践している考え方を取り入れることで、物への執着が減り、しいては世の中へのいろいろなしがらみから解放されるきっかけになるかもしれません。



ミニマリストのメリット

一つはお金が貯まることです。それまで何となく欲しいと感じた物を思うままに買ってきた人なら、断捨離によって無駄使いをすることがなくなります。余計な物を買わなくなる分、お金が貯まっていくというわけです。


もう一つは、掃除に時間がかからなくなることです。家の中に物があふれていれば、どうしても掃除に時間がかかります。ところが、そもそも物がなければ移動させたり拭いたりする手間がそれほどかかりません。そのため、掃除が簡単です。掃除にかかっていた時間が短縮されれば、その分自由な時間も増えていきます。その結果、自分の趣味やくつろぐことに費やせる時間がとれ、ストレスの解消にもなります。



ミニマリストになるための心意気

生活に必要ない物を捨てることでいえば、ミニマリストの考え方を参考にするといいでしょう。ここでは、ミニマリストが意識していることを紹介していきます。



捨てることに慣れる

自分には必要のない物とわかっていても、そもそも「物を捨てる」ことを躊躇している人は多いのではないでしょうか。もちろん、捨てることを推奨しているわけではありません。しかし、使わない物をいつまでも置いておけば家の中は物であふれてしまいます。捨てる行為に抵抗があるなら、知人に譲るという方法もあります。



買う前に考える

買う前にしっかり考えることも大切です。あまり調べずに買ってしまう人や衝動買いが多い人は、買う前に一度考える習慣をつけるようにしましょう。例えば、規格の合わない照明器具や、サイズが違うカーテンなど、実用的なものでも自宅で使えない物では無駄になってしまいます。使える物に買い直すことは簡単ですが、結局不用品が増えることになります。



物を置く位置を決める

できるだけ無駄な物を排除していくには、あらかじめ物を置く位置を決めておくといいでしょう。家族がいるなら、誰もがわかりやすいことも大切です。ひとり暮らしの場合でも、乱雑に置くのではなく「どれはどこに置く」というように決めておくと片付けやすくなります。そして、使ったら必ず同じ場所に戻すことを習慣にしていくのです。そうしておけば自分の所有している物を把握できますし、家が散らかることもありません。


物の配置を決めるときは、使う頻度に応じて分けておくと楽ですし便利です。例えば、毎日使う物は取り出しやすい場所に、ときどきしか使わない物は多少取り出しにくい場所でも不便はないでしょう。



まとめ

まだまだコロナ禍であり、おうちで過ごす時間は長いと思います。そのおうち時間をより良いものにするためにもミニマリストの考えを参考にしてみてはいかがでしょうか。その考え方はきっと、コロナが終息しても役に立つと思います。


コロナが終息するには集団の七割が抗体を持つことだと言われています。抗体を持つには感染するか、ワクチン接種をする必要があります。


中和抗体とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」です。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避することができます。中和抗体を保有することは自分の為だけでなく、他人の為にもなっています。

そんな中和抗体をどれだけ保有しているか検査してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%製品に関してのご不明点はこちらからお問合せください。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査はこちらからお問い合わせください。


実店舗での検査や中和抗体獲得証明書の発行を受け付けております。詳細はこちらから。


その他、新型コロナウイルスに係る情報はこちらから。





検査キット各種 Amazonで好評販売中!

  

⇓⇓ あんパス、円で発行中!  加盟店ご希望の方はこちら ⇓⇓

 

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。