摂食障害の子ども急増



子どもの「コロナうつ」深刻

コロナ禍でのストレスや不安感から、食事をとれなくなる、極端に食事を制限、過食後に吐き出したりするなどし、正常体重より明らかに低い状態である摂食障害の子どもが増えています。



コロナ禍で拒食症患者の増加

摂食障害のひとつ「神経性やせ症」は「拒食症」とも呼ばれる病気です。

最悪の場合、命を落とすケースもあります。

肥満への恐怖や、体重を増やさない行動が続いていること、自己評価に体重や体型が影響している、自分が「やせすぎ」とは感じない……といった特徴があります。


厚労省の「子どもの心の診療ネットワーク」事業に参加する26の医療機関からは、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、神経性やせ症(拒食症)と新たに診断された20歳未満の患者が、前年度に比べて男女それぞれ1.6倍に増加。入院患者も1.4倍に増えました。


現在、摂食障害を治療できる医療機関に入院が集中しており、調査の結果、患者が重症化して入院期間が延びる影響か、摂食障害患者の病床数が不足しているそうです。

医療機関側は「感染症としてのコロナ病床も大切ですが、コロナに関連した病気も増えていることを知ってほしい」と訴えています。


専門家は、外出控えやメディア・SNSでの「コロナ太り対策特集」などの影響や「コロナ禍での休校などによるストレスや不安が影響しているのでは」と分析しています。



「コロナ太り対策」の情報も影響

感染対策のために外出を控え、学校の休校などで友達とも会えず、修学旅行や卒業式といった行事も中止になりました。こうした生活環境が変化したことにより、ストレスや不安感にさらされ敏感な時期の子どもたちには大きく影響していることが予想できます。


国立成育医療研究センターが実施した「コロナ×こどもアンケート第5回調査」(2021年2月~3月に実施)では6~18歳の回答者約500人のうち76%に、何らかのストレス反応がみられたといいます。


また、社会の「やせ」が美しいといった価値観や、SNS・メディアなどでの「コロナ太り対策」「コロナで運動不足を解消」といった情報に影響された可能性も。


通常、成長期の子どもは体重増が当たり前です。そんな中で『運動不足に気をつけて』『太った?』といったささいな一言がきっかけで食べられなくなってしまう子もいます。特に成長期には、十分な栄養がとれていないと、体温低下や発育不良、女子では生理が止まるといった影響が出ることもあります。


アンケートでは、子どもたち自身の体型の印象について尋ねると、38%がいまの自分の体型について「太りすぎ」「太りぎみ」と思っていると回答。半数近くの48%が「やせたいと思っている」と回答していました。


神経性やせ症は、本人は「やせすぎ」とは自覚できず、医療機関の受診が遅れがちといいます。無理に食べさせたり、『食べなさい』と追い詰めたりすると逆効果になることもあるようです。子どもが受診をいやがったら、保護者だけで訪れてもかまいません。


体重が激減するなど深刻な状態になってからではなく、『最近食が細いな』とか、体重が変わっていない・むしろ減っているなど、子どもの異変を感じたらまず内科等のかかりつけ医へ相談しましょう。


現在、給食では黙食になってしまっているので、せめて家では楽しく食卓を囲みながら、しっかり食べているか、身近な大人が早めに気づいてあげられるようにするのが望ましいでしょう。


このようにコロナによって生活スタイルが変わったことにより体も悲鳴を上げておりいろいろな形で疲れが増えていくことと思います。


やはり私たちが今抱えている問題の多くがコロナ終息にかかっており一番の解決方法でしょう。

コロナ終息のカギは「身体へのウイルス侵入を防ぐ力」です。

それは免疫力ではなく、「中和抗体」のことです。


ワクチン接種が終わっても不安を拭いきれない、本当に抗体ができているのか?など不安に駆られている方は少なくないのではないでしょうか。ウイルスの侵入を防ぐ中和抗体があるのかご自宅で簡単に検査できるキットがあります。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査できます。

サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査はこちらからお問い合わせください。





検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

⇓⇓ あんパス、円で発行中!  加盟店ご希望の方はこちら ⇓⇓

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。