コロナ禍で注意するべき「寒暖差疲労」とは



あと数日で11月に入ろうとしており、日に日に肌寒さを感じてきています。

東京都心では、10月11日の午後1時は28度で真夏日の1歩手前を観測しましたが同じ時間の12日の気温は20度で約8度の気温差があります。


このような季節の変わり目に注意が必要なのが、「寒暖差疲労」というものです。



「寒暖差疲労」って?

「寒暖差疲労」とは、気温差が大きいと怒る物で、体温を調節する自立神経が過剰に働いてしまって結果、倦怠感や肩こり、頭痛に気分の落ち込みなどの症状が出てしまうといわれています。


全国の2,350人を対象に行った最新のある調査では、このような「寒暖差疲労」のような症状で体調を崩したことが「ある」と答えた人が約70%もいたことがわかりました。


都内のあるクリニックによると、特に2021年は「寒暖差疲労」になる人が例年よりも多くなる可能性があるといいます。理由の一つには新型コロナウイルスの影響があるという事で、コロナ禍で部屋の換気が重要と呼びかけられている為行うが、その度に室内に寒暖差が生じて「寒暖差疲労」になりやすいと言います。



「寒暖差疲労」を避けるためには?

今後、暖房を遣うと思われるが、上着を1枚用意しておいて、換気に挑むといいと言われています。そして、長い自粛期間による運動不足やストレスで、自律神経が正常に動きにくくなっていることも、「寒暖差疲労」に影響してきます。


夏の暑さ、冬の寒さが苦手という人、こうした気温の変化に弱い人は「寒暖差疲労」になりやすい傾向があると言われているのでご注意ください。


これらを防ぐためには、耳たぶを水平方向に引っ張って5秒ほどたったらぱっと離す「耳たぶストレッチ」が有効と言われています。

耳たぶストレッチを数回繰り返すことにより、血行もよくなってくるといいます。

耳が痛くない程度に上下に動かしたり回したりしてもよいが、耳まわりの血行をよくすると肩こりも緩んで、自律神経を整える効果が期待できます。


また、ぬるめのお風呂に長めにつかるのも効果的ともいわれているので、気になった方は是非お試しください。





最後に

現在日本では約7割の人がワクチン接種を終了しておりますがワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからないのです。

ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態でお過ごしください。

「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%

製品に関してのご不明点はこちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点はこちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀







検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 


オフィシャルネットショップでも販売中!

PCR検査キットも販売中!          当日配送便もございます!

  

 

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。

  

先着120名様にもれなく
お米プレゼントキャンペーン実施中!

 

Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!


 【初回2,000円OFF!】
nosh-ナッシュ
の低糖質食事宅配サイトとコラボ!

Ranking

記事ランキング

Tag

タグ

Sitemap

サイトマップ