紙幣や携帯電話などの表面に新型コロナウイルスが生存する日数は?


新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は、涼しく暗い環境ではポリマー紙幣や携帯電話のガラス表面で最長28日間生存できることが分かったとオーストラリア政府系の研究機関(CSIRO)が発表しました。


世界保健機関(WHO)の「最長72時間残存する」との見解より大幅に長い結果で、「まめな手洗いと表面の拭き取りが大切だ」としています。

豪連邦科学産業研究機構(CSIRO)がガラスやビニール、ステンレススチール、紙幣、木綿の布の上に新型コロナウイルスを含んだ人工の粘液を載せ、湿度50%、紫外線の影響がない暗室で調べたようです。



携帯電話の液晶画面や現金自動出入機(ATM)など身近なものに使われる素材を選んで研究した結果、、、


<気温20度>

木綿以外の表面には、いずれも28日後でもウイルスは残っており、特に携帯電話のスクリーンなどつるつるした表面で「極めて長生き」なことが分かりました。

木綿では14日目までになくなりました。


<気温30度>

紙幣では21日間残存するウイルスがわずかにありましたが、ガラスやスチールは7日間に短縮され、木綿やビニールは3日間でした。


<気温40度>

木綿の場合は16時間未満、ガラス、スチール、紙幣はわずか24時間に激減しました。

ビニールでは48時間となりました。

気温が高くなると、ウイルスの生存率は下がり残存期間は短くなるということですね。



研究では一方で、主な感染経路は、せきや会話などで飛び散る唾液(だえき)や、空気中のウイルスを含む微粒子(エアロゾル)を吸い込むことだと触れています。

(※CSIROより引用)

WHOは「これまでの研究によると、ウイルスの残存期間はステンレススチールやプラスチックの表面についたウイルスは最長72時間、段ボール紙なら24時間未満」とし、「家庭用の消毒剤で簡単に表面を拭き取れる」と、まめな拭き取りを呼びかけているといいます。


こうした材質に対して注意を怠り、それらを触った後に手指をなめたり目や鼻を触ったりした場合、その材質の物体がウイルスに汚染されてから2週間後まで、感染する恐れが十分にあります。


現在、日本ではワクチン接種完了率が76%(11月19日Our World in Dataより)と高い数字ではありますが、世界では、世界トップクラスのワクチン接種完了率でも新規感染者数が1日4000人超えやブレイクスルー感染というニュースも耳にします。



先日、日本でも3回目のワクチン接種が確定し、2回目の接種が完了しても不安を拭いきれない、本当に抗体ができているのか?など不安に駆られている方は少なくないのではないでしょうか。

ウイルスの侵入を防ぐ中和抗体があるのかご自宅で簡単に検査できるキットがあります。


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもすくないので高齢者や子供でも検査可能。

             

実店舗での検査や中和抗体獲得証明書の発行を受け付けております。詳細は、こちらから。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。


その他、新型コロナウイルスに係る情報は、こちらから。



検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

⇓⇓ あんパス、円で発行中!  加盟店ご希望の方はこちら ⇓⇓

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。