ワクチンパスポート、あなたは持参する?



海外渡航にはワクチンパスポートが必要 というのは何となくメディアで目の当たりにしたことがあることもあると思います。


「いまのところ海外に行く予定はないし、ワクチンパスポートなんて必要ないわ…」という方はぜひこちらの記事を読むのに3分だけお時間下さい。



【ワクチンパスポートとは?】

ワクチンパスポート(接種証明書)は、コロナワクチンを接種済みであることを公的に証明するものです。海外渡航用に発行されるものを指す場合と、国内での利活用のために用いるものを指す場合があります。海外用が必要な方は、市区町村への申請が必要です。


海外に渡航する方が、入国先で隔離などの防疫措置の軽減を受けられるようにするための証明書です。対象となる国は、外務省から発表されていますので確認をしましょう。



【ワクチン接種済証は接種直後にもらえる。】

国内でワクチン接種済みの方への特典の提供などの際には、接種済証の提示による確認が一般的です。


接種済証とは、ワクチン接種の際に必要となる接種券の右端の部分に、接種記録のシールを貼り付けたものです。


ワクチン接種をした事実は接種直後にもらえるので紛失しないように大切にご自宅に保管しましょう。いつどこで提示を求められても対応できるように接種済証をスマホで撮影しておく若者も多いです。



【国内での特典や利活用の動向】

経済の回復に向けて、ワクチン接種済みの情報を活用していくことは経団連なども提言しており(参考:経団連による提言)、接種済みの方に割引や特典を提供するサービスが増えています。



【求められるのはワクチン接種済証だけ?】

ワクチン接種自体は任意なものなので、なにかしらの理由があってワクチン接種を行いたくないという方もいらっしゃいます。


2021年秋現在、ワクチン接種が広がった後の行動制限の緩和についても検討されています。今後、ワクチン接種や陰性の証明を前提に、飲食店での会食や、大規模イベントの人数制限などが緩和されていく可能性があります。


また、中和抗体獲得証明書も行動制限緩和するために扱われることが可能になる日も近づいてきています。

※中和抗体とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」となるものです。


近い将来、国内での「ワクチンパスポート」の利用はかなり普及されることとなり、ワクチン接種済証のみならず、陰性証明証や中和抗体獲得証明書も総じて「ワクチンパスポート」と呼ばれるでしょう。



【最後に】

ワクチンパスポートは予め用意しておくことで何かしらの特典を受け取れるかもしれませんので「備えておく」とよいかもしれません。


ワクチン接種にとらわれずに経済の復興を図るために、一人ひとりが陰性かどうか、若しくは中和抗体が獲得できているかどうかを確認してみないと行動規制緩和へ繋がらない為、経済の復興も難しくなります。


特にいま注目を集めている「中和抗体」の有無の確認は生活習慣等により獲得量に個人差があるみたいですがこの抗体があれば、感染リスクと重症化リスクを回避できるようになりますので獲得できていれば少しは安心に繋がると思いますし、自身の行動規制の緩和のために確認してみてはいかがでしょうか?


この中和抗体が獲得できているかどうかを調べる場所と証明書の発行が行える場所があります。

サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みも少ないので高齢者や子供でも検査可能。

             

実店舗での検査や中和抗体獲得証明書の発行を受け付けております。詳細は、こちらから。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。


その他、新型コロナウイルスに係る情報は、こちらから。





検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

PCR検査キットの販売も開始しました!  当日配送便もございます!

  

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。

  

先着120名様にもれなく
お米プレゼントキャンペーン実施中!

 

 

中和抗体検査キットAmazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

当日配送便もございます! 

 

 

Ranking

記事ランキング

Tag

タグ

Sitemap

サイトマップ

Archive

月別アーカイブ