コロナ禍で 花粉症でも 目立たない



コロナ禍でマスクをすることが当たり前になり、マスクをしている人は花粉症という風潮も無くなりましたね。コロナ禍以前は外でいつでもマスクをしている人といえば花粉症というくらいだったと思います。かくいう私も花粉症であり、コロナ禍以前からマスクをしていた歴戦の者であります。毎年ティッシュはカバンに箱ごと入れて持ち運んだり、薬を服用したりと毎年対策に追われています。


そんな中で昨年からコロナ禍に入りましたが花粉症は手を緩めることなく襲ってきました。みんなマスクをするようになり花粉症の肩身も狭くなくなるかと思いきや、電車などでもくしゃみが出てしまうのでむしろ肩身が狭くなったように感じました。くしゃみは咳の10倍以上の飛沫量であり、距離も2メートルほど飛んでしまうので、できる限り抑えなければいけないのではと思ってしまいます。さらに今年は例年の10倍の飛沫量のようで、とても大変です。


そこで今回は花粉症対策について話していきたいと思います。花粉は雨の日以外は基本的にたくさん飛散しています。そして花粉に抗う術はあまり多くはありません。


規則正しく生活しバランスのよい食事をすることが一番大事です。花粉症とか関係なくこれに尽きます。これ以外には、外から帰ってきたら手洗いうがい、洗顔、服を着替えることも有効です。


花粉は服に付着するので家に持ち込まないように玄関で全身をはたいて花粉をできる限り落としましょう。後はもう薬に頼るしかありません。現代の力万歳。


・最後に

コロナ禍と花粉症、どちらも上手く付き合っていくしかありません。


どちらも共通の対策があり、規則正しい生活を送り免疫が下がらないようにすること、マスクをすること、手洗いうがいがあります。どちらもこれである程度抑えられますが、最終的には医療に頼るしかありません。


花粉症には薬、コロナにはワクチンが必要です。ワクチンを接種することで「中和抗体」が獲得できます。


中和抗体とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」です。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避することができます。中和抗体を保有することは自分の為だけでなく、他人の為にもなっています。


そんな中和抗体をどれだけ保有しているか検査してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%製品に関してのご不明点はこちらからお問合せください。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。


実店舗での検査や中和抗体獲得証明書の発行を受け付けております。詳細は、こちらから。


その他、新型コロナウイルスに係る情報は、こちらから。




検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

⇓⇓ あんパス、円で発行中!  加盟店ご希望の方はこちら ⇓⇓

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。