全ての記事

東京都で警戒レベル「1」に!警戒レベルとは?



東京都で新たに21人の感染が確認され、12日連続で50人を下回りました。東京都は「感染状況」の警戒レベルを1段階引き下げ、4段階のうち、初めて一番下になりました。



警戒レベルって?

東京都の警戒レベルが最も低いレベルに引き下げされたのは初めてとなりましたがそもそも「警戒レベル」とはどのようなものなのでしょうか。


【感染状況】

[警戒レベル4]大規模な感染拡大が継続している/感染の再拡大の危険性が高いと思われる

[警戒レベル3]感染が拡大している/感染状況は拡大傾向にないが、警戒が必要である

[警戒レベル2]感染拡大の兆候がある(と思われる)/感染状況は改善傾向にあるが、注意が必要である

[警戒レベル1]感染者数が一定程度に収まっている(と思われる)


現在は警戒レベル2から一段階引き下げて警戒レベル1となりました。



医療提供体制とは?



一方で「医療提供体制」については通常医療との両立は可能になりつつあるものの、救急患者の受け入れ態勢にいまだ影響があるとして引き続き4段階のうち、下から2番目のままとしました。


【医療提供体制】

[警戒レベル4]体制がひっ迫している/通常の医療が大きく制限されている(と思われる)

[警戒レベル3]通常の医療を制限し、体制強化が必要な状況である/普通の医療が一部制限されている状況である

[警戒レベル2]体制強化の準備が必要な状況である/通常の医療との両立が可能な状況である

[警戒レベル1]通常の体制で対応可能であると思われる


東京都内の入院患者は20日時点で280人、重傷者は27人に減少しています。


また、新たに50代から70代までの男女3人の死亡が確認されました。3人ともワクチン接種は受けておりませんでした。



最後に

現在日本では既に約7割の人がワクチン接種を終了しておりますがワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからないのです。


ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態でお過ごしください。


「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%

製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀