全ての記事

新型コロナワクチンによって注目されるアナフィラキシー



新型コロナウイルスワクチンの接種が日本でも始まり、「アナフィラキシー」という言葉が以前より報道されるようになりました。アナフィラキシーとは、どういったものなのでしょうか。改めて、確認していきたいと思います。



アナフィラキシーはアレルギー反応

フィラキシーは「防御反応」を意味する言葉です。これに、否定を意味する「アナ(ana)」が加わって、有害な防御反応を意味する言葉になりました。 この有害な防御反応とは、アレルギー反応のことです。アレルギー反応には4つのタイプがありますが、特に、迅速に複数の臓器にアレルギー反応が起こることが、アナフィラキシーと定義されています。 アナフィラキシーの症状としては、じんましんや紅斑などの皮膚症状。呼吸困難や腹痛、下痢。めまいや血圧の低下、意識障害といったことがあげられます。 また、症状が重症化してショック状態に陥っている場合は、アナフィラキシーショックと呼ばれ、命の危険をともないます。



アナフィラキシーとアレルゲン

アナフィラキシーへとつながるアレルギー反応を引き起こすアレルゲン(原因物質)には数多くの種類が存在します。 そのなかでも、アナフィラキシーの原因として代表的なものが、食品(食物アレルギー)です。卵や牛乳、小麦、蕎麦、エビやカニといった食品によるアレルゲンがよく知られています。 その他には、蜂やムカデによる虫刺されや、薬物といったものでアナフィラキシーを引き起こされることがあります。





アナフィラキシーの特徴

アナフィラキシーの大きな特徴は、アレルゲンを摂取後、5分から30分以内(食物アレルギーの場合は2時間以内)という短期間で症状が出るケースが多いことです。同時に、症状が急激に悪化することがあります。 アナフィラキシーによる血圧の低下や意識障害がみられる場合は、しっかりとした緊急対応が求められます。 そのうえで、アナフィラキシーによる死亡者数は年間で50~60人と、他の病気と比べて非常に少ないということは知っておく必要があります。





新型コロナワクチンとアナフィラキシー

新型コロナワクチン接種後に、アナフィラキシーが疑われる副反応が見られました。しかし、そのすべての症例において、症状は軽快・回復していることが報告されています。 新型コロナワクチンにおいてアナフィラキシーが引き起こされるアレルゲンは、いくつか候補があります。原因物質の究明が、急ピッチで行なわれているところです。 ワクチン接種した人数に対するアナフィラキシー発症者の割合を、新型コロナウイルスの感染率や死亡率と比較すると、新型コロナワクチンによるアナフィラキシーのリスクはとても小さいものとなっています。新型コロナワクチンは、この点からも安全性の高いワクチンであると評価されています。


まだまだ新型コロナウイルスの流行は収束しませんが、皆さんや皆さんの大切な方々が安心して過ごせるよう新型コロナウイルスワクチン接種後に中和抗体検査を受けて抗体の有無を確認してみましょう。


どうか皆様体調管理、予防の徹底を行いウイルスに打ち勝っていきましょう。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


これからワクチンパスポートが普及されるかもしれませんので、証明書の発行ができる場所を確認しておきましょう。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀