全ての記事

教えて!対面面接でのマスクの有無




マスク着用が日常的に

新型コロナウイルスの流行を境に、私達の生活には様々な変化が出てきました。ソーシャルディスタンスや咳エチケットという言葉が使われるようになり、マスクを着用することが、社会生活におけるマナーのようになってきています。


就職活動や転職活動への影響も大きく、これまでは対面で行うことが当たり前であった面接試験も、オンライン化が進み「Web面接」などが採用されるようになってきました。


しかし、いまだに「対面」による面接を重視している企業も多く見られます。そうなった時に気になるのは、既に社会的なマナーのようになっているマスクの着用について、「対面による面接試験にのぞむ時は、マスク着用するべきか?」ということではないでしょうか。


新しい生活様式としては「マスクの着用」が推進されているものの、面接マナーとして「どうあるべきなのか?」ということが、まだ確立されていません。今回はこの面接時のマスク着用について、どのように対応していけばよいのかを考えていきたいと思います。



面接では、マスクを着用すべきなのか?

答えは「企業や世間的な状況によってまちまち」というのが現状です。新型コロナウイルスの流行や、それに対する世間的な意見や捉え方は常に変化をしているからでしょう。


マスクを着用したまま面接を受ける場合には、面接の冒頭にひとこと声をかけておくと安心です。


「本日は感染予防の観点から、失礼ながらマスク着用のままお時間を頂いてもよろしいでしょうか?」や面接の最後でもフォローをできれば、面接の最後にも「本日はマスク着用のままとなり、大変失礼をいたしました」といった言葉を述べておくと、相手に対して非常に「丁寧」な印象が残ります。


不明瞭なことに対して確認を取り、合意を貰ったうえで進めることは仕事上でも大事なスキルです。



可能であれば、日程調整の段階で事前に確認を

「当日はマスクを着用してお伺いさせていただきますが、面接中はどのようにさせていただくのが宜しいでしょうか?貴社としての方針などがあれば、ご教示いただけますと幸いです。」などメールや電話で確認しましょう。


大切なことは他にもたくさんありますが、マスクの着用について礼儀正しく聞くことで「ちゃんとしているな」と良い印象を持ってもらえる可能性があります。


また、応募先の企業と事前にすり合わせをしておけば、本来は不要である「不安な気持ち」を事前に打ち消し、安心して面接を受けられるようになりますね。



マスクを着けて話す際のポイント

・いつも以上にはきはきと大きめの声で話す

・アイコンタクト、ジェスチャーにも気を配る

・マスク着用時も笑顔を忘れずに

・顔が見えないため、目元のメイクをひと工夫する

・マスクを外すことも想定しておく


なお、オンライン面接では、面接官と直接会うわけではないので、はじめからマスクを外して面接に臨みましょう。



細かい部分での配慮やテクニック

このような状況下なだけに特に身なりの「清潔感」に気を配ることが大切です。


もしも、面接が始まるタイミングで外すことになった場合は、マスクをテーブルの上に置く行為は、衛生上よくない上、見た目も良くないので、必ずカバン・上着・マスクケースなどにしまいましょう。



自身の安全対策や情報収集を怠らない

まず大切なことは、自分自身の身はしっかり守るということです。また、刻一刻と状況が変わる中で、国や自治体、学校や応募先企業から発せられる情報に耳を傾けることはとても重要です。


安全を保ちながら、就職活動や転職活動をより優位に行うためにも、常に最新の情報を収集することを心がけましょう。


このようにできる限り新型コロナウィルスの対策をしながら上手に面接に挑みましょう。


自身がウイルスの侵入を防ぐ中和抗体をどれだけ持っているかを確認してから面接に行くのもいいかもしれません。コロナ終息のカギは「身体へのウイルス侵入を防ぐ力」です。それは免疫力ではなく、「中和抗体」のことです。


ワクチン接種が終わっても不安を拭いきれない、本当に抗体ができているのか?など不安に駆られている方は少なくないのではないでしょうか。ウイルスの侵入を防ぐ中和抗体があるのかご自宅で簡単に検査できるキットがあります。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査できます。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。