全ての記事

新型コロナから我が子を守る方法と中和抗体の獲得



新型コロナウイルスの蔓延により、心配なのは、未来を担う子供たちの感染リスクです。

ご家族皆さんで気を付けるべき点とワクチン接種にかかるお話をしていきます。



ワクチン接種可能の年齢は?

日本国内で新型コロナワクチンの接種対象となるのは12歳以上の小児です。乳児や幼児に接種できるワクチンはまだありません。12歳以上の小児に対して、2種類(ファイザー社と武田/モデルナ社)のmRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンを接種することが可能です。



新型コロナウイルスによって、様々な影響が出る。

流行の始まった当初、子どもの患者数は非常に少なく、重症化する頻度も低いと考えられました。その理由は確定していませんが、ウイルスが体内に侵入する際に使われる入り口(ACE2受容体)が子どもの気道粘膜には少ないことや、子どもがよくかかる通常のコロナウイルスに対する免疫が防御的に働く可能性が考えられています。


ところがより感染力の強い変異株の出現により、子どもの感染者は増えました。子どもに感染しやすくなったというよりは、各年齢層の患者が増える中で子どもも多く感染するようになり、結果として保育所や学校でのクラスター、家族内の感染も数多く報告されました。ただし患者数が増えれば、一定の頻度で重症者が発生するので油断はできません。



登校をしないお子様にも感染リスクがあることを忘れないで。

感染リスク回避のため、登校させずオンライン講義や自宅で課題をこなすお子様もいらっしゃいますが、それをやっているから安心…とは限りません。ウイルスが変異したのだから、私たちは意識を変えなければならないのです。


「コロナを子どもにうつしているのは、大人たち。」家庭内感染の中心は「親」の可能性もあり得ます。


仕事などで外出する世代や働くパパの感染が注目されていました。パパを隔離すれば家庭内にウイルスを持ち込まなくて済みますが、最近は、変異ウイルスの感染性が高いため隔離する前に家族内で感染が広まってしまっているのではないかと想像できます。


ママも食材や日用品を揃えたり、小さな子供を保育園・幼稚園に預ける為に外出することを避けられません。最低限の外出でも気を緩めることなく感染防止対策を行う必要があるということになります。



臨床的な特徴として、潜伏期間が長い。

コロナの潜伏期間は5日とも7日とも言われていて、ウイルスに接して暴露します(体に入る)。その後症状が出るまでにインフルは2日、コロナは7日かかり、親がコロナウイルスに暴露して、数日してから発症します。発症前2日がウイルス排出開始時期と言われています。通常は、発症してから検査を受けて感染が判明しても、家族はまだ潜伏期間である可能性が高いので一人一人の発症が5~7日ずれたとすると、家族内感染では、14日程度は平気でズレが生じます。家庭内で4週程度ウイルスが生存し続けるようなイメージです。家庭内感染は、小さなクラスターと考えれば完全にウイルスを排除するまでそれぐらいの期間かかっても不思議ではないのです。



私たちにできることは予防接種と検査

コロナに有効な初期治療や予防薬が無い現状、積極的にPCR検査を行い、陽性者を特定して隔離することと予防接種です。


予防接種の問題点は、医療体制維持のため重症化予防の優先順位が高く、高齢者や持病のある方が優先された。その結果として若い人たち、健康な人たちの接種が遅れた。結果として子育て世代が犠牲となり、予防接種が後回しにされた。家庭内感染、家族内クラスターが問題となった今、それを予防するために子育てママ、パパへの優先接種が重要だ。優先接種の順位見直しが求められる。子どもの治療や予防接種ができない現状、今できることは子育てママ、パパへの予防接種を完了させて、対象のお子様がいればワクチン接種を行うことではないでしょうか。



子どもの多様性への配慮、子どもの意思の尊重

子どもは様々な特性を持つ多様性に満ちた集団です。単に年齢や体格が異なるだけでなく、病原体やワクチンへの感受性や副反応も異なる可能性があります。また、知的および心的成熟の度合いにより、ワクチンに対する受容性や効果への期待、副反応の受け止めにも個人差が大きいと考えられます。その点をふまえて、子どもに説明する際には、本人の理解度に合わせて平易な言葉を用い、可能な限りわかりやすく説明することが大切です。


また、子どもは自らだけで接種するかどうかを判断することはできません。しかし、子ども自身が考え、意思を伝えることができる環境を整えることも大切です。より健やかな毎日を送るために、子ども自身が適切な選択に関われるように日頃からサポートする姿勢が周囲の大人には望まれます。


ワクチン接種後、様子を伺い、中和抗体の獲得がなされているかを確認する。


ワクチン接種後、抗体が獲得できているかどうか気になる人もいるでしょう。獲得できる抗体は限りがあるので、体内へのウイルス侵入を防ぐ力(中和抗体)が獲得できているかどうかを確かめるとよいでしょう。


中和抗体を獲得できていると、感染リスクや重症化リスクを回避できるようになるので、いまからご自宅で確かめてみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査可能。

             

実店舗での検査や中和抗体獲得証明書の発行を受け付けております。詳細は、こちらから。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。


その他、新型コロナウイルスに係る情報は、こちらから。