全ての記事

コロナウイルスはペットからも感染する?



新型コロナウイルスの感染症にかかっている人が猫や犬を飼っている場合、それらのペットも感染していることが珍しくないとする研究結果が海外で発表された。


研究では、新型ウイルス感染者がいる196世帯のペット310匹から綿棒で検体を採取した。それをPCR検査にかけたところ、猫6匹、犬7匹が陽性と判定された。他の54匹も、ウイルスの抗体検査の結果が陽性だった。


もしあなたがコロナウイルスにかかっているなら、他人との接触を避けるのと同様、猫や犬との接触も避けるべきだと思う。


心配すべきは動物の健康ではなく、ペットが新型ウイルスの保有宿主となって人間に再感染させるリスク。


ペットから飼い主への感染を示す証拠はまだ確認されていない。ただ、人間の間で簡単に感染が拡大している状況では、ペットから飼い主への感染を確認するのは困難だろう。


しかも感染したペットのほとんどは無症状か、軽い症状を示すだけだという。




研究では、過去200日以内に新型ウイルス検査で陽性と判定された人がいる家庭に、移動動物病院の車両を派遣した。


ペットの猫と犬から綿棒で検体を採り、現在感染しているか調べた。また、血液も検査して抗体の有無を調べ、過去に感染したかも探った。


4.2%で同じ時期に感染している証拠が見つかり、17.4%で抗体検査の結果が陽性だった追跡調査では、PCR検査で陽性と判定されたすべての動物が、感染から抜け出し、体内に抗体ができていた。


研究者らは感染経路で最も可能性が高いのは「人間から動物」であり、その逆ではないとしている。とはいえ「飼い主がペットから新型ウイルスに感染するリスクは0%とは言えない」とも研究者は見ている。


「現在、パンデミックによって人から人への感染が起きているため、感知できない」


一緒のベッドで寝る犬、猫は?


一方、カナダによる別の研究では、飼い主と一緒に寝る犬、猫について、感染リスクが特に高いとの結果が出た。この研究では、77世帯の猫48匹、犬54匹に対し、新型ウイルスの抗体検査を実施。同時に飼い主から、ペットとの過ごし方について聞いた。


その結果、猫の約67%と犬の43%が陽性と判定された。動物シェルターの犬と猫の陽性率は9%、野良猫の陽性率が3%だったのと比べ、高確率だった。また、ペットの4分の1が、食欲減退や呼吸困難などのコロナウイルスの症状を示した。


発症した動物の大多数は軽症だったが、3匹が重症化した。研究者らは猫について、その生態から、新型ウイルスに弱い可能性があるとした。さらに、猫は犬に比べて飼い主の顔の近くで寝ることが多く、それが感染リスクを高めていると分析した。




上述の2つの研究と他の証拠から、相当な割合の猫と犬が飼い主から新型ウイルスに感染している可能性がうかがえると思う。


新型ウイルスは通常、犬や猫から他の動物や飼い主にはうつらないと思われると思われる。ただしオランダの研究は感染者に飼われているペットの約20%が感染している可能性があることを示した。そして、人間と同様に、感染はやがて自然に解消されることも明らかにした。


まだまだ新型コロナウイルスの流行は収束しませんが、皆さんや皆さんの大切な方々やペットが安心して過ごせるよう新型コロナウイルスワクチン接種後に中和抗体検査を受けて抗体の有無を確認してみましょう。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


これからワクチンパスポートが普及されるかもしれませんので、証明書の発行ができる場所を確認しておきましょう。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀